体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

被害に遭わないために対策を!最新のマレーシア治安情報

Hishii Sonoe「☆JSKL同窓会・クアラルンプールへ!☆」

Photo credit: Hishii Sonoe「☆JSKL同窓会・クアラルンプールへ!☆」

こんにちは。TRiPORTライターのOkkAです。
今回紹介するマレーシアは観光や移住をする日本人が多くいます。それは治安が良いといったことが要因の1つです。しかし時代と共にマレーシアの治安情勢が変化してきました。現在のマレーシアの治安はどうなっているのでしょうか? 治安と共に注意点も紹介していきたいと思います。
楽しい旅行を満喫するためにも、事前に情報を集めてトラブルに対応できるようにしておきましょう!

以前とは違う!マレーシアの治安について

実はマレーシアは日本人が住みたい国ナンバーワンに9年間もなっていたことがあるんですよ。
以前までは政治が安定していて、東南アジアの中でも比較的治安の良い国でした。銃や薬物などを不法所持していた場合は極刑を含む厳重な処罰が課せられるため、このような事に巻き込まれる危険も低かったようです。
しかし近年では政府の汚職疑惑が相次ぎ、マレーシア市民による大規模集会やデモが行われるようになりました。デモ隊の一部が警察隊と衝突し、負傷者が出る事態にも。予備知識がないと危険に巻き込まれる可能性があるので、傾向と対策をここでしっかり頭に入れておきましょう!

州や場所によって、人口を占める人種が違う!

マレーシアは複数の人種、民族が共存していて、おおまかにマレー人、華僑、インド人の3つの人種に分けられます。人口はマレー人(約67%)、華僑(約25%)、インド人(約7%)、現地民の順に多いですが、場所や州によって比率が違っています。このことも治安に影響しているようです。

マレー人の多いエリアの治安について

マレー人といっても一括りに出来ないですが、民族意識が強い人たちが多いようです。マレー人向けのマーケットではマレー人以外見かけないといったように、しっかりと住み分けをしているようです。
公務員のほとんどがマレー人で占められていることもあり、日本人がマレー人と衝突事故を起した際に日本人が一方的に悪いとされた事例もあるようです。日本と違い、警察が信用できるとは限らないことを頭に入れておいたほうが良さそうですね。

華僑が多いエリアの治安について

華僑も一括りには出来ませんが、民族的な偏見が少ない人たちが多いようです。国内の治安問題についても熱心に取り組んでいます。そのため華僑の人口が多いペナン島やサラワク州は治安が良いと言われています。
華僑は仏教徒が多く、日本人と考え方も近いかもしれません。

こんなことも起こりうる!マレーシアで気をつけるべきポイント

Yongbo Seo「初めてのマレーシア旅行」

Photo credit: Yongbo Seo「初めてのマレーシア旅行」

様々な手口!スリの危険

マレーシアではスマートフォンやデジカメ、パソコンなどは数カ月分の月給と同等の高価なものです。一眼レフを首から下げて旅行する人がよくいますが、これでは狙って下さいと言っているようなもの。ネックストラップをナイフで切られて持っていかれることもあります。
また写真を撮ってくれると近づいてくる人にも注意しましょう。もし写真を撮ってもらいたいときはよく観察して、自分で選んだ人に頼むようにしましょう。
またぶつかったときやすれ違いざまにポケットから財布やスマートフォンを盗んだり、複数人で組織的におこなう手口もありますので、財布にはチェーンをつけたり、バッグは前に掛けるのが有効ですよ。

油断大敵!置き引きの危険

日本ではレストランやカフェで食事をしてるときに荷物を置いたままトイレに行ったりする人も多いですが、海外では注意が必要です。食事中でも隙を見て盗んでくることがあり、食事が終わって会計をするときに気付く、なんてことも!
なので荷物は出来るだけ肌身離さず持つようにしたいですね。バッグを横に置く際は片腕には通しておいたり、床に置くときも足で挟むようにすると盗まれる危険性が減りますよ。

フレンドリーに近づいてくる!賭博の危険

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。