体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「留学地」としてオーストラリアが最高である13の理由

生活・趣味

NY在住ライターKaylin Pound氏が、“オーストラリア愛”を目一杯盛り込んだ記事を「Elite Daily」に寄稿しました。ニューヨーカーの彼女が遠く離れた南の国を「留学先」として猛プッシュ。でもこれ、観光地としての魅力でも。彼女がオススメする理由の中から、厳選してピックアップ。

01.
ビーチ探しに困ることはない

Whitsunday Islandsさん(@whitsundays_qld)が投稿した写真 – 2014 5月 7 3:47午前 PDT

Reference:whitsundays_qld

02.
ほとんどの場所が気候が良く
過ごしやすい

世界最大の島であり、最も小さい大陸オーストラリア。エアーズロック(ウルル)で知られる熱帯性気候のノーザンテリトリーでは、さすがに夏ともなれば40度近くまで気温が上がります。でも、都市部は一年を通して過ごしやすい!

03.
天からこぼれてきそうな
パノラマの星空でキャンプ!

Australiaさん(@australia)が投稿した写真 – 2015 11月 30 3:32午前 PST

Reference:australia

04.
多様な大学があり
プログラムも豊富

オーストラリアは、自分の学びたいことに合った多種多様なプログラムを大学側が用意しています。学生の多くが集まるのは、メルボルン、ブリスベン、シドニー、パースといった都市が人気。

05.
エンターテインメント2大都市
メルボルン、シドニー

学生ライフを満喫するうえで、欠かせないのが放課後や週末のアクティビティ。なかでも、メルボルンとシドニーは、若者から絶大な人気を誇るエンターテインメントタウン。

06.
授業前の日課に
サーフィンなんてGOOD

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会