ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

裁判で苦しめられた産経記者「今後も韓国取材する?」に回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 実に500日。執筆したコラム記事が「朴槿恵大統領への名誉毀損」にあたるとして起訴された産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長は、17か月にわたり法廷闘争を繰り広げた。その間には出国禁止令が出るなど、行動に制限も加えられた挙句の無罪だった。長く韓国を見てきた作家の井沢元彦氏と加藤氏が、韓国の「言論の自由」について語り合った。

井沢:加藤さんの事件で改めて感じましたが、韓国にはいまだに言論の自由がない。ソウル大学の李栄薫教授が、古文書などの資料を精査して「韓国の戦後教育では日本の植民地時代に収奪されたと教えているが、それは間違いだ」と主張したらマスコミに徹底的に叩かれました。

作家の金完燮さんは日本の言い分にも理があると書いたら逮捕されたあげく、本が青少年有害図書に指定されてしまった。また一昨年には『帝国の慰安婦』を書いた世宗大学の朴裕河教授も慰安婦に名誉毀損で訴えられました。 韓国では証拠に基づいて真実だと思うことを述べることすらできないんです。

加藤:私も、時の権力が許した枠のなかでしか研究、報道活動ができない窮屈な社会だと痛感しました。

井沢:その最大の原因であり、韓国の大きな過ちであるのが、戦後に国民を団結させるスローガンに反日を持ち出したことです。彼らは国内の矛盾を反日感情に託す。すると歴史の事実認識が違ってくる。

加藤:十数年前、私は社命でソウルの延世大学で語学研修を受けました。そこで知り合った通訳志望の女子学生たちに、西大門刑務所の歴史展示館(*注)に連れて行かれました。すると、日本統治時代がいかにひどかったかという展示がされている。

【*注/1908年に「京城監獄」として開所。ここで「日本統治時代に独立運動家に対し残虐な拷問を行った」と称して、拷問具や拷問の様子を模した人形などを展示している。現在はその一部が撤去されたが、今も当時の「日本の圧政」をアピールする拠点となっている】

井沢:お決まりの日本人に贖罪させるツアーですね。

加藤:そうなんです(苦笑)。「それを見た日本人は普通、謝罪する」というんです。「どう思いますか」と質問された私は「これを堂々と展示する根拠はなんですか?」と聞き返しました。彼女たちは「展示されている事実が真実で、実際に何が起きたかは問題ではない」というんです。驚きました。

井沢:私は、自己中心的で他の文化を認めない朱子学の影響が強いと考えています。歴史的事実よりも「韓国にとってどうあるべきか」が大切だから、でたらめな展示物が成り立ってしまう。

 加藤さんはそんな韓国に苦しめられましたが、これからも韓国取材をするのですか?

加藤:現在は東京本社社会部に籍がありますが、社命があれば、もちろん続けるつもりです。でも、韓国には入国できないかもしれません。なにしろ出国禁止を本人に知らせない国ですから(笑)。

【PROFILE】いざわ・もとひこ 1954年生まれ。週刊ポストで『逆説の日本史』を連載中。2月5日、『逆説の日本史 別巻5 英雄と歴史の道』(小学館文庫)が発売。

【PROFILE】かとう・たつや1966年生まれ。1991年産経新聞東京本社入社。社会部、外信部などを経て、2010年からソウル特派員。2011年、ソウル支局長。現在は社会部編集委員。裁判の経験を綴った『なぜ私は韓国に勝てたか』(産経新聞出版)が発売中。
 
※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国の「吉祥寺」はヨン様も訪れた知られざるパワースポット
深夜にお腹がすいたら「キムチ納豆がお勧め」とみよこ明洞さん
男も韓国へ KARAニコルの美人母経営の高級焼き肉店inソウル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP