ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人から見るとちょっと不思議なアメリカのバレンタインを現地ルポ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年もバレンタインの季節がやってきました。アメリカではショッピングモールやスーパー、レストランまでもがバレンタインムード一色! 

街中は赤やピンクのハートだらけになっています。今回はアメリカのバレンタインの習慣から、今注目されているプレゼントまでをご紹介します。

男性から女性にプレゼント!?

日本では、 女性から男性にチョコをあげるのが習慣になっていますが、アメリカのバレンタインはちょっと違います。

アメリカでは、男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的。プレゼントも、日本ではチョコレートがメインですが、花束、風船、ジュエリー、お菓子など幅広いプレゼントが選ばれています。レストランでバレンタインディナーをプレゼントする人も多くいます。

筆者がアメリカに来て初めてバレンタインデーを迎えたときは、当日に花束を持った男性が沢山歩いている光景を見て不思議に感じたのを覚えています。

さらにアメリカでは「お返し」という文化がないため、ホワイトデーもありません。なので、後悔しないように愛する人にありったけの愛を伝えるのがバレンタインとなっているのです。

アメリカ人女性に聞いたところ、「今年のバレンタインデーのプレゼントはなんだろう?」と、バレンタインには恋人や夫から当然のようにプレゼントを期待している人が多いといいます。うっかり忘れていたなんてことは許されないようですね! 

また、日本でも義理チョコや友チョコの文化がありますが、アメリカでもそれは同じ。アメリカの学校では 友達にお菓子を配る行事も開催されるほど。子供達は、友達に配るお菓子を楽しく準備するのです。

ターゲットで大調査!今年のアメリカのバレンタイン

今回は全米に展開している大手スーパーマーケット「ターゲット」で、バレンタインの商品を調査してきました。


(C)momo

店の一角には大きなバレンタインコーナーが。アメリカらしい派手な装飾で目立っています!
ゴディバや、サンフランシスコ発のギラデリチョコなど、有名ブランドが発売しているバレンタイン限定のパッケージ。お値段は一つあたり15ドルから20ドルなので、本命チョコでしょうか。お土産にしても喜ばれそうですね。


(C) Ghirardelli

こちらのゴディバはバレンタインにぴったりなストロベリーチーズケーキ味のトリュフです。この時期、売れている商品ですが、ターゲットではセールでお値段一袋あたり4ドルとお買い得になっていました。


(C)momo

こちらの棚ではシャンパンが販売されています。お酒が好きな人にとっては嬉しいギフトですね。意外にもお値段は20ドル以下のものが多く並んでいました。


(C)momo

可愛らしいぬいぐるみも全てバレンタイン仕様になっています。日本ではあまり見ない派手なぬいぐるみ、なんだかアメリカならではですね。


(C)momo

友達に配るチョコレートはひとつ1ドルから3ドル、ファミリーパックのように沢山入っているキスチョコやm&m’sのものが多く並んでいました。そして今話題のスターウォーズのバレンタイン限定チョコレートも! これはクラスの人気者になりそうですね。


(C)momo

最後にプレゼントと一緒に渡すカードもお忘れなく。アメリカはイベントの度にカードを贈り合う文化です。可愛いデザインのカードに、さりげなく愛のこもったメッセージを添えて渡すのでしょう。


(C)momo

以上、アメリカのバレンタインの実態でした。

日本では男性からチョコを渡すというのは少し馴染みがないですが、アメリカ流に、ちょっとしたプレゼントを恋人や好きな人に贈ったら素敵かもしれませんね。

それでは、ハッピーなバレンタインをお過ごしください!

[target]
[Photo by shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。