ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

医療レーザー脱毛って、エステの脱毛とどう違うの?

  • ガジェット通信を≫


処理をしたつもりだったのに外の明るいところでみたら「ムダ毛が残ってる!」と気づいて、ショックを受けた事はありませんか?そうなるともう一日中気になって仕方がありませんね。

自分でのムダ毛のお手入れは限界があります。そこでプロの手を借りるとしたら、どこに行けばいいのでしょうか?

今回は、気になる医療レーザー脱毛について、医師に話を聞いてきました!

光脱毛と医療レーザー脱毛

美容のために脱毛をしたいと思っていろいろ調べてみて、まず迷うのは

1. 皮膚科で行われている医療レーザー

2. エステで行われている光脱毛

どちらがいいかということでしょう。

【医療レーザーの特長】

医療レーザーの脱毛は医療機器で行われます。資格のある医師、または医師の指示のもとであれば看護師が施術します。「エステサロンで脱毛したのに、効果がなかなか出ないから」という理由で医療レーザーを試しに来る人もいます。医療レーザーでの脱毛は、最短なら1年間で6回通えば完了します。ただし医療レーザーは、高い効果を得られる分、痛みを感じます。もちろん効果は人それぞれですが、他の方法より脱毛効果はあらわれやすいでしょう。

【光脱毛の特長】

光脱毛は、医療レーザーよりも低出力のレーザー機器を使用し、痛みがほとんどありません。そのため効果が出にくかったり、かなり多くの回数通わないと脱毛の効果が得られない人もいます。

医療レーザーは高い?

費用の面では、医療レーザーと光脱毛を比べると、どうなのでしょうか。光脱毛はリーズナブルで始めやすいですが、医療レーザーはやや高額なので、一瞬躊躇する人もいるでしょう。

両方試してみようという人は、リーズナブルな光脱毛を先に行ってみて、それで効果を実感できれば経済的でいいでしょう。 しかし、毛が濃かったり、毛穴のくろずみ、シミやニキビ跡が気になる人は、光脱毛では時間もお金の無駄になってしまう恐れがあります。 そういった人には、始めから医療レーザーを試すことをすすめします。

医療レーザーの施術を受けてみる

興味が高まった人は、医療レーザーを行える皮膚科で相談してみてはどうでしょう。 顔全体の脱毛、鼻の下の脱毛だけ、またはシミも取りたいなど、皮膚の悩みによって、コースや値段は様々です。病院ですので、強引なセールスを行うことはほとんどありません。 皮膚科の先生と今の皮膚状態も見てもらい、自分にいい方法を知り、脱毛を行うタイミングや、値段などあせらずゆっくり相談しましょう。

施術は医師のもとで行われていますので、皮膚にトラブルがあった場合でも医療的処置でフォローしてくれます。医療レーザーは出力が大きい分、施術後は赤くポツポツとした跡ができます。翌日には消えていきますが、そういった場合も病院でしかもらえない軟膏を処方してくれます。皮膚科なのでニキビなどの肌の悩みにも答えてくれます。

医療レーザーのデメリットは?

医療レーザーは強い出力で行いますので、ニキビのような赤いポツポツとしたものが2〜3日続きます(しかし軟膏ももらえますし、消えていきます)。

また、黒いものに反応するので、日焼けした顔の脱毛はできません。また施術後も敏感な状態なので、紫外線を避けた生活が必要です。夏場の脱毛は制限があるということです。

自分でもケアや管理をすることが大切!

医療レーザーを行うにあたって、乾燥には十分気をつける必要があります。乾燥していると、皮膚へのダメージが大きく、皮膚トラブルの原因にもなります。皮膚の再生には、十分な保湿が必要となってきます。そのため、日頃からの保湿がとても大切になります

また、疲労や生理前は痛みに敏感になりやすいといわれています。そのために日頃疲労をためないことも大切ですし、生理の日は避けて予約をするなど工夫も必要です。

医師からのアドバイス

顔も体も毛の生え方や、抜けていく仕組みは同じです。しかし顔のサイクルのは他に比べて早いようです。医療レーザー脱毛では、2ヶ月ごとに行うわきの下や腕に比べ、1ヶ月ごとに行う場合もあります。また、目を傷付けてしまってはいけないので、目の周囲の脱毛には限界があります。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

冬こそ油断大敵! 気になるVラインとIラインのお手入れ方法を教えて!
レーザー発毛ってどんな施術法?効果はある?
他人事ではない!急に頭に”10円ハゲ”が……。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP