ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iOS、Android端末を同時に充電できる「C-Cable」はコンパクトサイズ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プライベートではiPhoneを愛用し、仕事では会社貸与のAndroid端末、などと複数の種類の端末を使い分けている読者は少なくないのではないだろうか。

そんな人にオススメのグッズが登場した。iOS、Android端末を同時充電できる、コンパクトで見た目も可愛いケーブル「C-Cable」だ。

・4つの端子を搭載

C-Cableは2つのカプセルがつながっている形状で、それぞれのカプセルのカバーを外すと端子が現れる。

端子は全部で4つ。USBタイプAのメスとオス・マイクロUSB・ライトニングだ。

これらを同時に使うことで、つまりUSBのオスをPCなどにつなぎ、マイクロUSBをAndroid携帯に、ライトニングをiPhoneにさせば、2つの端末をC-Cableひとつで同時充電できることになる。

もちろん、USBはPCだけでなくコンセントにさしこむ充電器やモバイルバッテリーなどからも電源をとれる。PCにつなぐときには、データのシンクも行える。

・AndroidでiPhoneの充電も

また、マイクロUSBは端末同士を直接つなぐインターフェースOTGに対応していて、これによりAndroid携帯のバッテリーでiPhoneを充電する、ということもできる。

その他、OTG活用では、外部のマイクロSDストレージの中に入っているビデオを、つないだ携帯端末で鑑賞するという利用方法もある。

・お手頃価格10ドルから!

C-Cableには2タイプが用意されている。カプセル部分が直接つながっているコンパクトなものと、カプセル部分が長さ30センチのケーブルつながっているタイプ。

どちらもクラウドファンディングサイトKickstarterで10ドル(約1140円)〜の出資で入手できる。お手頃価格なので、ひとつ持っておくと便利そうだ。

出資期限は2月29日、世界中どこにでも発送してくれる。

C-Cable/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP