ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BiSHやでんぱ組ら手がける音楽制作チーム「スクランブルズ」が音楽セミナーを開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫
BiSHやでんぱ組ら手がける音楽制作チーム「スクランブルズ」が音楽セミナーを開催

BiSHやでんぱ組.incなどの楽曲を手掛ける松隈ケンタが率いる音楽クリエイター集団「スクランブルズ」が、音楽セミナーを開催することを発表した。

昨年8月に行われた松隈ケンタの音楽セミナーでは、予定人数を大幅に超える応募があり追加講演を行うなど大好評であったため、その内容をグレードアップ、より実践的な講座が行われる。

現役アイドルや運営を目指す方を対象にした「アイドルプロデュースセミナー」を始め、作編曲、サウンドプロデューサーを目指す「クリエイターセミナー」、シンガー/アイドル志望者を対象とした「ボイスセミナー」など様々なセミナーを参加者のレベルや、やりたいことに合わせて自由に選択し受講できる。月1回ペースで定期的に開催していく予定。

また、コースによっては、申込者が事前に与えられた課題を作成し当日会場にて発表、講師陣の品評、アドバイスを受けることができる参加型の「チャレンジセミナー」となっており、自分をアピールするチャンスの場ともなっている。

講師は松隈ケンタを始め、渡辺淳之介(BiSH/POPetc)田仲圭太、(夢見るアドレセンス、私立恵比寿中学etc)井口イチロウ(BiSH/つばさFLYetc )楠瀬タクヤ(Sabao/ex.Hysteric Blue)など、プロの第一線で活躍するスクランブルズ所属のクリエイター/プレイヤー陣が務める。

なお、現在メジャーデビューを控えた勢いにのるBiSHを手がける松隈ケンタと渡辺淳之介によるアイドル育成講座、[How we make idol?]は無料講座。松隈ケンタと渡辺淳之介がBiSやBiSHをどのように考えて作ったかについて、話す講座となっている。

セミナーの詳細、問い合わせは、スクランブルズ 03-5726-9169(11:00~20:00)またはオフィシャルサイトにて。

SCRAMBLES OFFICIAL WEBSITE
http://scrambles.jp

セミナー日程(★印は参加型のチャレンジセミナー)
3月12日(土)
・初心者OKゼロから始めるドラム講座!リズムは音楽の要!
講師:楠瀬タクヤ 12:00~

・でかい音をだす!! バンドに負けないドラムプレイ
講師:楠瀬タクヤ 14:00〜

・譜割を自在に操る!! プロが教えるグッドメロディ講座
講師:松隈ケンタ 16:00〜

3月26日(土)
・★今話題の「コライティング」に挑戦!課題トラックにメロディを入れてみよう!
講師:田仲圭太&松隈ケンタ 12:00~

・高い声を出すボーカル講座!! チェストボイス&ヘッドボイスをマスターしよう
講師:高木誠司&松隈ケンタ 14:00〜

・楽器を弾けなくてもOK!! ゼロから始めようDTM作曲!
講師:井口イチロウ&松隈ケンタ 16:00〜

4月22日(金)
・アイドルプロデュース講座「How we make idol !?」
講師:渡辺淳之介&松隈ケンタ 19:30〜(入場無料/要予約、応募者多数の場合は抽選となります。)

4月23日(土)
・リズム隊のコンビネーション講座 バンドはベースとドラムで決まる! 
講師:若山トシユキ&坂内”noriP” 12:00~

・譜割を自在に操る!! プロが教えるグッドメロディ講座
講師:松隈ケンタ 14:00〜

・★プロ作家のメロディをアレンジしてみよ う。課題曲をアレンジに挑戦!
講師:松隈ケンタ 16:00〜

4月24日(日)
・声枯れしない強い声を!喉で歌わない「脱力」歌唱講座
講師:高木誠司&松隈ケンタ 14:00~ 

・楽器を弾けなくてもOK!! ゼロから始めようDTM作曲!
講師:田仲圭太&松隈ケンタ 16:00

参加費:1講座 2500円   
※5回分の講座が受講できる回数券チケット10000円(複数人での使用OK) 
※4月22日 「How we make idol !?」は無料(要予約)

時間:90分ほどを予定
定員:各15名(講座により多少前後)
※申込先着順、定員に達し次第締め切り予定

開催場所
スクランブルスタジオ
東京都大田区北千束1-59-10 KsビルB1
東急大岡山駅(目黒線、大井町線)徒歩5分

参加予約、お問い合わせ
03-5726-9169(11:00~20:00)
info@scrambles.jp(名前、連絡先、希望回を明記)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。