ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日村、竹山ら「デブタレント」が人気の理由を放送作家が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どうしてもだらしないというイメージが付いて回る“デブ”しかし、テレビの世界ではバナナマン・日村勇紀(43才)、カンニング竹山(44才)、石塚英彦(53才)など、デブのタレントが大活躍している。その人気の理由を放送作家・高橋秀樹さんが解説する。

「当たり前ですが、体形が一般の人と違います。人と違うということは『異端』です。これが芸能界で売れるためには非常に重要です。普通の人は芸能人にはなれませんから。そしてやっぱり見た目がおもしろい」

 だが、「デブタレント」界は見た目だけでは売れないという。

「デブという見た目に加えて、何か意外性が必要です。今売れているデブタレントを見てもそういえます。たとえば、ドランクドラゴンの塚地武雅(44才)は役者としても一流です。マツコ・デラックス(43才)は、頭がキレて、毒舌がおもしろい」

 売れるデブタレントは、日々たゆまぬ努力をしているのだ。

 ちなみにツイッターでは“デブの社会的意識向上”のために2012年から「意識の高いデブ」というアカウントが登場。前向きなデブになれる金言をつぶやき、デブをはじめ、ガリにもヤセにも大人気になった。2015年9月には『意識の高いデブ』(KADOKAWA)として書籍化され、7万人のフォロワーをもつこのアカウントから、いくつかの金言を厳選して最後に紹介する。

〈「痩せる」という漢字にはやまいだれが入っている。
太っていることと痩せていることのどちらが健康的か、考えるまでもないだろ?〉

〈自分の母親を誇りに思え。
かあちゃんの飯がうまかったから
俺らはここまで成長できたんだ。〉

〈「デブ」であることをネガティブに捉え
卑屈な性格になるデブ。
そういうデブのことを俺たちは
「精神面のガリ」と呼んでいるよ。〉

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ハーフタレントは非常識OK 少々できれば好感度UPと放送作家
専門家が分析「動けるデブは脂肪だけでなく筋肉がある」
タレントの人気低下でもギャラはなかなか下がらないテレビ界

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。