ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長寿傾向にあるペット 「墓活」のススメと健康保険事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ペットフード協会による2015年の全国犬猫飼育実態調査によると、現在の猫の平均寿命は15.75才、犬は14.85才で、長寿傾向にあるという。相模原プリモ動物病院院長・今井巡さんはこう話す。

「飼育環境の変化や医療の発達で猫や犬の寿命は、30年間で約2倍に延びました。医療技術がどんなに優れていても、決定権は飼い主様に委ねられます。特に終末医療の場合は、迅速に治療しないとならず、悩んでいる暇はありません。治療はどの段階まで行うか、最期はどう看取るかなど、家族で方針を話し合っておきましょう」

 治療方針に不安を感じたら、セカンドオピニオンを求めるのも手。飼い主が後悔しない選択肢を得ることが大切だ。また、平和会ペットメモリアルの中東学是さんは、「元気なうちから“墓活”を」と言う。亡くなってから慌てて霊園を探すより、事前にどんな場所か、散歩がてら足を運んでみたほうが、費用や利便性など比較検討でき、飼い主の安心にもつながる。

 ペットの医療や葬儀が充実してきた一方で、「ペット保険」というものも存在している。しかし、ペット保険の加入率は5%前後にとどまる(アイペット損害保険調べ)。

 地域差もあるが、都内での猫や犬の治療費は、がんの手術で約5万円~、骨折では約40万円になることもある。一方のペット保険の平均額は年間2万円程度。仮に14才まで生きたら生涯の保険総額は約28万円となる。「お金を理由に治療に専念できないのは嫌」と加入する人もいるが、こんな意見も。

「わが家の愛犬は、がんで8回手術をし、治療費の総額は50万円程に。当初、保険に入っておらず、途中で加入を検討しましたが、治療費が全額補償されるものは保険料が高く、低額の保険料の場合は保険料に加え、治療費が3~5割かかる。加入しなくても、費用はあまり変わりませんでした」(39才・自営業)

 病気やけがの種類によっては、保険が適用外のケースもあるので、ライフスタイルに合わせて検討を。

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット専門の健康保険 診療費の7割または5割負担する仕組み
保険CMの「月々たった○○円、一生涯にわたって…」は本当?
健康保険料抑えるため 4~6月に残業や副業はしないのが吉

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP