体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツ・フランクフルトならここへ!おすすめ観光スポット10選

Photo credit: Daichi「ロマンチック街道」

Photo credit: Daichi「ロマンチック街道」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ドイツの商業、金融を支える街・フランクフルト。保険会社や銀行など、多くの高層ビルが並んでいます。一方、大聖堂や旧市街地、教会など歴史を感じることができる建築物もたくさん残されているんです。文豪ゲーテの生まれ育った街としても有名ですよね。
今回は近代と歴史が共存する街、フランクフルトのおすすめ観光スポットを10ヶ所ご紹介します!

フランクフルトってどんな都市?

フランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口69万人を超えるヘッセン州最大の都市(2012年6月30日現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。
出典:フランクフルト・アム・マイン-Wikipediaより

Photo credit: Hagar66 [GFDL, CC BY 3.0-2.5-2.0-1.0, CC BY-SA 3.0, CC0, Public domain, FAL or Attribution], via Wikimedia Commons

Photo credit: Hagar66 [GFDL, CC BY 3.0-2.5-2.0-1.0, CC BY-SA 3.0, CC0, Public domain, FAL or Attribution], via Wikimedia Commons

1. フランクフルト旧市庁舎

Photo credit: Thanasis Apostolakis「apfelwein in frankfurt」

Photo credit: Thanasis Apostolakis「apfelwein in frankfurt」

15世紀初頭、都市貴族の館だった3軒の建物を市が買い取り、旧市庁舎にしました。切妻屋根が特徴的で、歴史ある建物だということがわかります。真ん中の館の2階には、神聖ローマ帝国皇帝の戴冠式後、祝いの宴が行われた「皇帝の広間カイザーザール」があります。
クリスマスシーズンには旧市街庁舎前の広場でドイツ最古のクリスマスマーケットが開かれ、多くの人で賑わいます。

フランクフルト旧市庁舎(Frankfurter Römer)
住所:Roemerberg 27, 60311 Frankfurt, Hesse, Germany
電話番号:069-2123-4920
開館時間:10:00~13:00、14:00~17:00 ※行事開催時期は見学不可。
料金:€2

2. 聖バルトロメウス大聖堂

Photo credit: TravelingOtter via flickr cc

Photo credit: TravelingOtter via flickr cc

歴代の神聖ローマ帝国帝王の戴冠式が、行われていたことでも有名な教会です。約95mの高さを誇る塔に登ると、フランクフルトの美しい景色を一望できます。
第二次世界大戦では街全体が壊滅的な被害を受けたため、大聖堂も元の姿が想像できないほど焼けてしまいました。現在の建物は1957年に再建されたものです。

聖バルトロメウス大聖堂(Cathedral of St. Bartholomew)
住所:Dom Platz 14, 60311 Frankfurt Am Main
電話番号:(069)-297-0320
開館時間:9:00~20:00 ※金曜日のみ13:00~20:00
料金:無料

3. ゲーテハウスとゲーテ博物館

Photo credit: Okano Hajime「2010年ドイツ・チェコ・ハンガリー・フランスの旅 Ver 1.0」
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。