ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原亜希に試練 「清原」という名前に雑誌スポンサー難色か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 覚せい剤所持の容疑で逮捕された清原和博容疑者(48才)。プロ野球界のスター選手だった清原の生涯年俸は計50億円ともいわれるが、元妻であるモデルの清原亜希(46才)と離婚した2014年ごろの貯蓄はわずかだったという。

「仕事がなくなっても清原さんの散財は変わらず、銀座にいけば1晩で100万円は使ってしまう。それが毎晩のように続くわけですから、いくら亜希さんが働いているとはいえ、お金が貯まるはずがない」(スポーツ紙記者)

 離婚後の亜希の最大の懸念は、子供たちの養育費だった。一般に、子供が成人するまでにかかる費用は2000万円前後といわれているが、小学校から大学まで私立に通うと、費用はその3倍にも上る。

「特に息子2人の通う私立は高い学費で知られ、2人合わせると年間300万円近い。亜希さんのモデル業のギャラは月40万~50万円で、講演会や本の印税を合わせたとしても、家賃を払ったらとても足りません」(亜希の知人)

 清原の経済状況もあり、亜希は離婚時に慰謝料を諦めた経緯がある。それだけに、養育費だけは絶対に清原から毎月確保する必要があった。

 結果、彼女は“奥の手”を使うことになる。「養育費債権」である。離婚前に暮らしていた高級マンションの抵当権者を息子2人にして、将来的に清原からの養育費の支払いが滞った場合、マンションを売却したお金から養育費を回収するという手法だ。昨年9月、清原はこのマンションを2億3800万円で売却しており、うち8000万円が息子2人の養育費に回ったとみられる。

 当面の資産は確保されたが、亜希を悩ませる問題はもう1つあった。離婚後の清原と息子の面会である。離婚時の双方の取り決めで、週末の少年野球の時間のみ清原は子供と会うことを許された。

「亜希さんにとって、この時間が苦痛だったようです。練習場への送迎は亜希さんがしており、必然的に清原さんとニアミスする。シングルマザーとしてモデル業を続けていく上で、薬物疑惑のある元夫の存在はイメージダウン以外の何ものでもない。彼が子供の野球を見に来ると、亜希さんは離れた場所に座り、かかわらないようにしていた。周囲の母親にも気を使わせてしまうので、“あの人は来ないでほしい”と漏らすこともありました」(前出・別の亜希の知人)

 清原を避け、いつしか亜希はスタンドではなくベンチで応援するようになった。昨年4月、長男が中学に上がったタイミングで一時野球をやめたのだが、これも亜希の意向だと囁かれた。

「息子と元夫が会う機会を絶つために、野球という面会の場自体をなくそうとしたのではないか、と。長男は少年野球のチーム内でも“天才”といわれるほどのセンスの持ち主でしたので、やめたと聞いた時の清原さんのショックは大きかった」(清原の知人)

 そんな彼女に今また試練が押し寄せている。

「清原さんの逮捕を受けて、亜希さんがモデルを務めるファッション誌のスポンサーが、『清原』という名前が表紙に載っている媒体への広告出稿に難色を示しているそうです。ブランドイメージにかかわるということでしょうね」(出版社関係者)

 ファッション誌にとって広告収入は極めて大きく、亜希をどうするか、編集部は右往左往しているという。

「でも、彼女は清原の姓を捨てるつもりはないそうです。今更旧姓の木村を名乗っても世間は誰だかわからないし、スタッフと共に作ってきた“清原亜希”というブランドに愛着とプライドもある。清原さんと結婚し、愛すべき子供をもうけ、離婚した。この過去を、彼女は否定したくはないのだそうです。全てを受け入れた上で、立ち向かって行くのでしょう」(前出・亜希の知人)

※女性セブン2016年2月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
清原亜希 元夫に養育費支払わせるために仰天奥の手使用か
清原和博氏の妻 「ああいう見た目だけど、根は優しい人」
妻が出て行き清原和博邸がゴミ屋敷化 銀座ママ宅に入り浸り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP