ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝からしっかり食べ元気な91才料理研究家の雑炊レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 風邪をひきやすくなるこの季節、寒さや乾燥に負けないためには、栄養のある食事で体を内側から温めておくことが大切。『きょうの料理』(NHK Eテレ)などに出演中の“ばぁば”こと日本料理研究家の鈴木登紀子さん(91才)は、「でも、無理してあれこれ作ったり食べなくていいの。作りおきやあるものを組み合わせて、負担なくおいしくね」と話す。そんなばぁばあに、この季節を乗り越えるための食の極意とレシピを教えてもらった。

 * * *
 ばぁばは「疲れたなあ」とか「くしゅん!」ときた時には、温かい食事をいただいて市販の風邪薬を飲み、すばやくベッドにもぐりこむことにしています。とにかく体を温めて、ウイルスと闘う体力を温存するのです。

 じぃじは喘息の持病がありましたから、生前はとくに気を使いました。卵とじうどんや茶碗蒸し…など、熱々の栄養がある食事を用意したものです。風邪のひき始めは「食べて早く寝る」ことに尽きますよ。

 ばぁばは、1日の元気は朝食で決まると思っています。ですから忙しい日こそ、あえてしっかりと朝ご飯の時間を取りますし、食欲がない時は体調がよくないのだわ…とすぐ分かりますから、すばやく手当ができるの。

 毎朝必ずいただくのは、プルーンの紅茶漬け(プルーンを洗って濃いめの熱い紅茶を注いでひと晩おいたもの。冷蔵庫で長期保存可)を2粒ほどヨーグルトといただいたり、故郷の青森から親戚が送ってくれるりんごも欠かしません。普段はこれに、スクランブルエッグとウインナー、トマトなどの生野菜を少々、トーストを1枚とブリーなどのチーズを1片いただきます。

――さらに、ばぁばおすすめの疲労回復ご飯のレシピも教えてもらった。

【豚バラ肉と白菜の雑炊】
■材料/白菜(中)の葉1枚、生しいたけ1枚、豚バラ薄切り肉3枚、だし2.5カップ、酒小さじ1、塩小さじ2/3、ご飯茶碗1杯弱、黒こしょう少量

■作りかた/【1】白菜は繊維を断ち切るように横の細切りにする。しいたけ、豚肉は細切りにする。【2】小鍋にだし、酒、塩を入れて中火にかけて熱する。白菜、しいたけ、豚肉の順に入れひと煮立ちさせる。【3】ご飯を入れて弱火でくつくつと4~5分煮る。器に入れ、黒こしょうをふる。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
90才料理研究家 週2~3で肉食「食べられなくなれば終わり」
90才料理研究家宅に100年伝わる「さらさらカレー」の作り方
88才料理研究家 「いただきま~す!」の時箸を持つのはダメ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。