ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

運転免許マニア~14種類の運転免許を一挙ご紹介~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:lan-hatebu:20160105161706j:plain

運転免許には一般的な普通、原付を含めて14種類あります。免許マニアと呼ばれる人たちの中にはなんと14種類すべてを取得した人たちもいます。いったいどんな種類の免許があるのが、免許の種類についてご紹介します。

第一種運転免許の種類

f:id:lan-hatebu:20160105161718j:plain

1. 原付免許

原動機付自動車を運転することができます。原付講習と学科試験があり、16歳以上が取得することができます。

2. 小型特殊免許

小型特殊自動車を運転することができます。トラクターやコンバイン等です。

3. 普通二輪免許

普通自動二輪車と1・2を運転することができます。排気量50ccを超えて125cc以下の二輪車になります。

4. 大型二輪免許

大型自動二輪車と1・2・3を運転することができます。総排気量が400cc以上の二輪車になります。

5. 大型特殊免許

大型特殊自動車と1・2を運転することができます。大型特殊自動車とは特別な用途のための特殊な形をした自動車のことになります。ショベルカーやホイールローダーなどです。

6. 普通免許

普通自動車と1・2を運転することができます。車両総重量5,000kg未満・最大積載量3,000kg未満・乗車定員10人以下の条件をすべて満たす自動車になります。

7. 中型免許

中型自動車と1・2・6を運転することができます。車両総重量5,000kg以上11,000kg未満・最大積載量3,000kg以上6,500kg未満・乗車定員11人以上29人以下の四輪自動車になります。

8. 大型免許

大型自動車と1・2・6・7を運転することができます。車両総重量11,000以上・最大積載量6,500kg以上・乗車定員30人以上の四輪自動車になります。

けん引免許

けん引自動車を運転するときに必要な免除です。けん引するときにはけん引する自動車の免許も必要になります。

第二種運転免許

f:id:lan-hatebu:20160105161730j:plain

大型特殊第二種免許

大型特殊車両とはカタピラがある自動車や土木作業をする特殊な機械装置がある自動車です。除雪車・トラクター・ブルドーザーなどになります。

普通第二種免許

タクシーやハイヤー等の旅客自動車を運転することができます。運転代行を行う場合にも必要になります。21歳以上で普通・中型・大型・大型特殊のいずれかの一種免許を取得して通算3年以上の人が取得できます。

中型第二種免許

11人~29人以下の旅客自動車を運転することができます。21歳以上で普通・中型・大型・大型特殊のいずれかの一種免許を取得して通算3年以上の人が取得できます。

大型第二種免許

観光バスや路線バス等の乗車定員が30人以上の営業用の自動車を運転することができます。21歳以上で普通・中型・大型・大型特殊のいずれかの一種免許を取得して通算3年以上の人が取得できます。

けん引第二種免許

旅客用の自動車をけん引することができます。トレーラーバス等をけん引するときに必要です。

第一種免許と第二種免許

第一種免許は道路を走るために取得が必要な免許です。第二種免許はバスやタクシーなど旅客車両を旅客する目的で運転するときに必要な免許です。第二種免許を取得すると、同じ種類の第一種の自動車を運転することができます。普通第二種免許を取得した場合は、第一種免許も取得したのと同じ扱いになります。また普通免許を取得した場合は、合わせて小型特殊・原付の免許を取得することができます。このように上位免許を取得すると下位免許をあわせて取得することができます。第二種免許や大型免許等将来的に取得を考えているのであれば、一つずつ取得するよりも上位免許を取得するほうが時間の無駄になりません。免許によって取得条件があるので、確認して取得することをおすすめします。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。