ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミャンマーレストランでひよこ豆のチャーハンを / ゴールデンバガン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ひよこ豆のチャーハン
1000円

タイはスパイシーな料理が多いが、お隣ミャンマーの料理は「素朴すぎる」と思えるほどソフトなテイストの料理が多い。よって、日本人の味覚に合う料理が多く、毎日食べても飽きないのが特徴。特に穀物と野菜をふんだんに使用した料理が愛されている。

・ゴールデンバガンの料理
今回ご紹介する料理は、日本でも極めて珍しい、ミャンマーレストラン「ゴールデンバガン」で出されているもの。チャーハンに半熟の目玉焼きを乗せ、ひよこ豆を盛り付けたもの。その名も「ひよこ豆のチャーハン」。

・食材の旨味を生かす調理法
基本的にシンプルな味付けながら、調味料というより食材の旨味を生かす調理法。あくまで食材の旨味と最低限の味付けのみ。よくいわれる「食材の味をそのままに」というフレーズは、単にそのまま食材に手をくわえず出しているケースがあるが、これはそれではない。

・食材の集合体が完成系を築く
チャーハンに浸透したフライドオニオンの香ばしさが、ひよこ豆の素朴でホクホクとした食感と合わさって、ほんのり感じる油の旨味を盛り上げる。潰した黄身のコッテリ要素がプラスされると、たとえようのない幸せな気分に。食材それぞれ単体がひとつになり、完成系を築いているのである。

・ミャンマー料理は非常に奥が深
ひよこ豆の美味しさは塩気によって増幅される。チャーハンがやや濃い目のテイストなのも、ひよこ豆とのバランスを保つため。お互いを一度に食べるからこそ、そこにおいしさが生まれる。ミャンマー料理は非常に奥が深い。

・チャーハンと一緒に茶葉料理を食べてみよう
ちなみに、ミャンマー料理は野菜や茶葉を使用した料理が多い。特に茶葉料理は日本人にも合うはず。料理により、酸味を帯びたり、塩気を帯びたり、さまさせまな和食にはない茶葉のテイストが楽しめる。ひよこ豆のチャーハンと一緒に茶葉料理を食べてみるといい。

・本格的な「現地の味」を堪能できる
ひよこ豆のチャーハンや茶葉料理に感動したならば、ミャンマー料理がどんなものか、その特徴には気が付いているはず。そう、ミャンマー料理は乾物や野菜を混ぜた料理など、ドライな仕上がりの料理が多い。汁気が少ないのである。この店では本格的な「現地の味」を堪能できるので、ミャンマー料理に魅了されたなら、いろいろと食べてみるといいだろう。

・チベット料理の「タシデレ」
「ゴールデンバガン」の近くにチベット料理の「タシデレ」があるが、実は両店の店長は知人同士。考えてみれば、ミャンマーもチベットも食文化として似ているものがある。どちらも日本では極めて珍しいアジア料理店。ハシゴをして味を比べてみるのも楽しそうだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/10/golden/

ゴールデンバガン
住所: 東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町1F
時間: 11:30~14:30 17:00~22:00
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13178952/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP