ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とある男性が2年間かけて編み出した「iPhone 6」を使った、360°撮影法がカッコイイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんな動画なのか、さっそく見てみましょう。

スキーヤーの周りをこんなに接近しながら旋回して撮影するなんて、よほど高度な技術が詰まったドローンでも開発されたのかーーと思いきや、これ、なんとふつうの「iPhone 6」を使用して撮影されたもの。一体どうやって?右手でワイヤーを握っており、その先に繋がったデバイスをブンブン振り回しているんです!

以下のYouTubeで見るとさらに鮮明な映像が確認できます。

この撮影法を編み出したヴィオニさんは、自身が開発した器具の微妙な調整をナント2年間近く繰り返したそう。凄まじい執念ですが、そのかいもあって“撮れ高”はバツグン!毎日のように使用してもiPhone 6本体には、キズひとつつかないそうです。

まずもって、これを持ちながら滑ること自体かなり難しそうではありますが、それにしてもキレイな映像が録画できていますよね。「なんでGoProを使わないの?」なんて素朴な疑問もありつつ、一部エクストリームスポーツファンの間では、彼の撮影方法が話題になっている模様。その他の動画も、彼のYouTubeチャンネルで確認できるのでぜひ見てみてね。

Licensed material used with permission by Nicolas Vuignier

関連記事リンク(外部サイト)

「バスケットボール」を楽器にして演奏する音楽が凄すぎた!
スマホの写真を劇的に変える「7つの裏ワザ」
廃棄されるお米と野菜で作った「おやさいクレヨン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP