ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームみたいに遊べる「デジタルクライミング」が楽しそう(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クライミングウォールにプロジェクションマッピングを投影、新しいゲーム性を取り入れた遊び方が可能になりました。未来感満点のワクワク動画は必見です!

「デジタルクライミング」が

カッコイイ!




これは、投影された数字を1から5まで順にタッチしていき、課題をクリアするタイムトライアルの様子。ビジュアルがポップで、気軽に楽しめそうですよね。投影されている映像が未来っぽくてワクワク!

必要なのはノートPC・インターネット接続・プロジェクターのみ。開発元のwebサイト「randori」にアクセスして、PC画面をウォールに投影するだけで遊べます。

使い方はシンプルでカンタン。①〜⑤までのボタンを好きな場所に配置し、PCのスペースキーを押すと、スタートまでのカウントダウンが開始。「3、2、1、スタート!」スピーカーがあると合図が聞き取りやすいかも。

ひとりがPCを操作し、参加者の動きを目視で確認し、ボタンに触れたタイミングでスペースキーをタップ。5つ達成した時点でカウントがストップする仕組み。

達成後にはスコアが記録され、参加者の名まえを登録可能。次のゲーム時には、直前のタイムが画面に表示できます。

そのほか、ゴーストから60秒間逃げ続ける!なんてゲームも。

クライミングの醍醐味は様々。「絶対に落ちない!」「何が何でも掴む!」という気合の一手による達成感もそうですが、よりスムーズで早いムーブの追求もやりがいのひとつ。その点「デジタルクライミング」はいろいろな遊び方が試せそう。

そのほかのゲームの種類や詳細はコチラから。実際にNY・ブルックリンにあるジム「BrooklynBoulders」で行われたデモンストレーションの様子は、下の動画でチェックしてみてね!

Licensed material used with permission by BrooklynBoulders

関連記事リンク(外部サイト)

澤穂希が教えてくれた「5つのコト」
エッフェル塔が緑にライトアップ きっかけは「たった1人のアーティスト」だった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP