ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

叱らない育児…?善悪の判断基準を教えたいから、我が家の「叱る」はこんなルール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

叱らない育児…?善悪の判断基準を教えたいから、我が家の「叱る」はこんなルール

f:id:akasuguope03:20150914124020j:plain

最近、『叱らない育児』が一部で支持されている話を聞きます。

でもその、叱らない、と言う事を勘違いしている?という方に会うこともあり、

「ちゃんと良い事、悪い事教えてるのかな~?」

「しつけしてないんだろうな」

と思ってしまいます。

本来の『叱らない育児』と言うのは、実は一番難しい事だと思います。

それは子供が、どんなに悪い事をしても、同じことを何回やっても、イライラせずに居ることが出来ないと、実現できないものではないでしょうか。

決して声を荒げずに、優しく諭すように、でも真剣さは子供に伝わるように、注意して、何が悪かったのかを理解してもらう…。

それが『叱らない育児』の真の姿だと思います。

わたしが、勘違いしているのでは?と思う人は、『叱らない=何をしても怒らない』と考えています。

それは違うのでは、気付いてほしいなぁと思うのですが・・・

この勘違いをしている方は、実は結構いるんですよね。

公民館などの、キッズスペースに行くと会う事がよくあります。

自分の子供が、他の子を叩いたり、蹴ったりしても

「も~、ほんと○○ちゃんは、やんちゃなんだから!」

と言って、

「うち、叱らない育児をしてるんですよー」

と言うのです。

こちらは苦笑い…。

公共の場所に居るのなら、そこのルールを守るように子供に教え、守れなかった時には注意するのが本来の親の役割のはず、と思います。

そんなママを見ていると、そこの家の子が可哀そうにすらなってきます。

「この子は、善悪の判断基準が曖昧のまま育っちゃうんじゃないかな」って。

そうやって育った子は、年齢が上がるにつれて、周りが自然と離れていってしまったら…、想像するだけで辛いです。

友達がだんだん少なくなるけど、自分の何がダメでそうなっているのか分からないのだとしたら、とても辛い事だと思います。

1歳~2歳頃になると、上手に話せなくても、こちらの言う事はだいたい理解してくれるようになってきます。

我が家にも今年2歳になる子がいますが、ゆっくりお話すれば、8割以上はわかってくれます。

うちの怒る基準は『人にやったらダメなこと』をした時。

例えば、蹴ったり、叩いたり、噛んだりしたときです。

ただ、ちゃんと「ごめんなさい」が言えないのを咎めたり、喧嘩したときに「なんで相手と喧嘩したの?」と聞くのは、まだやめています。

だってまだまだ、お話し上手じゃないのに、そんな風に聞くのはフェアじゃない気がして…。

その他、食事のマナーとか我儘を言った時などの事も、もう少し、子供がお話し上手になってからでいいと思っています。

周りから見て「あの家、しつけとか絶対してないよ!」なんて風に思われたくはないです。

適度に叱るべき時は叱りつつ、楽しい育児ができるといいなと思っています。

f:id:akasuguope02:20160205133203j:plain

著者:harumitsu

年齢:25歳

子どもの年齢:4歳、2歳、5か月

3人の娘を育てている専業主婦です。子供と何かを作るのが今のハマっていることです。最近はよく、紙やリボンを使って簡単なドレスを作り、プリンセスごっこをしています。その他にもベランダで家庭菜園をしていて、季節ごとの野菜で料理を作って楽しんでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ママ友ができず、孤独な育児生活。でも産後3ヶ月、散歩デビューで世界が変わった
赤ちゃんを守るのは私!勝手な姑&非協力的な夫に、勉強中のフランス語でプレゼン
寝かしつけ中、LINE通知で子どもが目を覚ます…独身の友達と疎遠になってしまった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。