ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CNBLUE、2015年のアリーナツアー大阪城ホール公演をWOWOWで独占放送決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 CNBLUEがアルバム『colors』を引っ提げ、11月26日に行ったアリーナツアー【CNBLUE 2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova~】(大阪城ホール公演)のレポートが届いた。

 SEのメロディーと相まって幻想的に揺れるブルーのペンライト、期待感に満ちた大歓声とクラップ。それらをギュッと包み込んだようなヨンファ(Vo&G)の「Be a Supernova」のひと声をきっかけに、「Supernova」からライブが幕開け。続けて「WHITE」、と頼もしくオーディエンスに届けると、あっという間に会場の一体感が高まっていった。

 「大阪、たくさん来てくれてありがとうございます。最後までよろしくね~めちゃ好きやねん」「ホンマにありがとう」「まいどまいど!」など、関西弁満載のMCは、もちろん大阪ファンのハートをガッチリ鷲掴み。ステージを駆けまわり、オーディエンスとたっぷりコミュニケーションを取るヨンファは、自ら「今日は日本語うまいね。ライブでちゃんと日本語が出来る日がありますが、今日がそれ! 皆さん、ラッキーですね」と笑顔で煽る一面もあった。

 『colors』収録曲はもちろん、ダンス・ロックナンバー「HEART song」、アッパーチューン「In My Head」など新旧織り交ぜたセットリストは、バンドの音楽性の幅広さ、多彩さを確信させた。ミンヒョク(Dr)の強靭なリズムとそれに絶妙に絡むジョンシン(B)のベース。鋭く走りながら煌めきを放つジョンヒョン(G)のギターに、そこにしっかりと寄り添うように真っ直ぐ届くヨンファの歌声。デビュー以来、真摯に音楽に向き合い、揺るぎない強さと実力をつけてきた今のCNBLUEの凄みが、バンドアンサンブルから伝わってきた。

 「Lady」の演奏後、「正直、そろそろ(終わりそう)」と全力を出し切った様子を見せたのもつかの間、「今まではウォーミングアップ。これからが本番!」とさらに会場を奮い立たせる。そして、「このツアーの中でも、大好きなパート」と、「Daisy」「IRONY」などのロックバラードを立て続けに光らせれば、タフでありながら優しさをはらむヨンファの歌声が、会場にかけがえのない景色を生み出していった。終盤にかけては、「holiday」「Catch Me」とエネルギッシュに畳み掛け、圧倒。ときにお茶目に、ときにカッコよく挑発的に煽るメンバーの姿も印象的だった。

 なお、このライブの模様は、2月11日(木・祝)夜8:00からWOWOWで独占放送が決定。放送についてのメンバーからの喜びのコメントも到着している。

◎CNBLUEメンバーコメント映像【WOWOW】
https://youtu.be/m2rOO3P3mfQ

◎番組情報
『CNBLUE 2015 ARENA TOUR ~Be a Supernova~』
2月11日(木・祝)夜8:00 WOWOWライブ

関連記事リンク(外部サイト)

FTISLAND/CNBLUEの弟分“N.Flying”日本メジャーデビュー盤ジャケット写真公開
GENERATIONSがビルボードチャート初制覇、次週アルバムはBIGBANGら韓流決戦、LINE×Billboard JAPANイベント開催:今週の邦楽まとめニュース
超新星 入隊前ラストシングル曲「またキミと…」先行配信スタート Teaser映像も完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。