ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エルトン・ジョンがザ・キラーズとのコラボを暴露、今年予定の新作に収録か

DATE:
  • ガジェット通信を≫
エルトン・ジョンがザ・キラーズとのコラボを暴露、今年予定の新作に収録か

 ファンがザ・キラーズの新しいアルバムを2016年中に聴くことができ、そこにエルトン・ジョンの名前がクレジットされる可能性が高いことが明らかになった。

 エルトンがShazamとの最新インタビューで他のアーティストとのコラボレーションについて話すなか、何気なくブランドン・フラワーズ率いる同グループとスタジオに入ろうとしていることを明かしたのだ。

 エルトンは、「ベガスに行ってブランドンと一緒にザ・キラーズの曲を書きたいと思っている。今日発つんだけど、面白いものになるだろうね」と述べた。

 これは非常に興味深い話だ。ザ・キラーズは常にロックン・ロール愛を掲げてきているものの、通常はニュー・ウェーブもしくはスプリングスティーンのようだからだ。彼らは評判的にも商業的にも『ホット・ファス』や『サムズ・タウン』ほど成功しなかった2012年の『バトル・ボーン』以来、スタジオ・アルバムをリリースしていない。あれから4年、このコラボレーションがまさしく同ラスベガス出身バンドを再起させる切っ掛けになるようにも思える。

 先日、フラワーズはNMEに対し、ザ・キラーズがニューアルバムの制作を行っており、“おそらく2016年の終わりに”新しい作品を届けられるようにしたいと話していた。

 また、Songzaのインタビュー(2月5日掲載)でのジョンは、スタジオに入ろうとしており、既に制作中の楽曲があるかのようにも思わせた。

 自身も2月5日にニューアルバム『ワンダフル・クレイジー・ナイト』をリリースしたエルトン・ジョンは、カニエ・ウェストやフォール・アウト・ボーイとのコラボレーションをはじめ、グライムス(Grimes)の作品がどれだけ素晴らしいかについても語っている。

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイの名盤『ステイション・トゥ・ステイション』の再現ライブが5月に開催
ラウド・シーンのカリスマ=デフトーンズ 、“最高のアルバムの1つ”と語る最新作が完成
ジェイ・ZのTidalが警察暴力の犠牲者家族団体などに150万ドル寄付へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。