ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画面のスワイプでアプリ / 履歴 / 端末機能 / 音楽プレイヤーを呼び出せる「Edge Launcher」がv2.0にバージョンアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

画面の端をスワイプするだけでアプリや端末機能、履歴、操作ボタンなどを利用できるマルチタスクランチャーアプリ「Edge Launcher(旧 Edge Quick Actions)」が v2.0 にアップデートされました。Edge Launcher は、画面の端をタッチして内側にスワイプすると、専用のランチャー画面が表示されるアプリで、どの画面でも今使っているアプリを停止することなく、お気に入りアプリや Wi-Fi / Bluetooth 設定、音楽プレイヤーなどを操作できます。v2.0 のバージョンアップで UI が Material Design スタイルに刷新されたほか、アニメーションも充実しており、特に Nexus の場合にはシステム UI にもマッチする外観でアプリを利用できるようになりました。画面のスワイプでアプリなどを表示するランチャーアプリは他にも多数存在しますが、Edge Launcher は v2.0 で機能が充実しているだけではなく外観も良くなり、他のアプリから頭ひとつ抜けた感があります。「Edge Launcher」(Google Play)

■関連記事
スマートウォッチ PebbleでNFC決済を可能にするリストバンド「Pagaré」がKickstarterで発売
ストリートビュー写真でバーチャルツアーを体験できるGear VR用アプリ「StreetView VR」がリリース
KDDI、auケータイ・スマートフォン向けの端末補償サービスのサービス内容拡充を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。