ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テクノロジーカルチャーを実体化する『MEDIA AMBITION TOKYO』今年も開催決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装するリアルショーケースMEDIA AMBITION TOKYO「MAT」が2月26日からスタート。
開催4回目を迎えるこのイベント、今年は開催エリアを拡大し、六本木を中心に、青山・銀座・飯田橋・御茶の水・お台場・天王洲等、都内各所を舞台に最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンス、ハッカソンやトークショー等が集結する。
2020年、そしてその先の未来を見据えて移動や通信、情報を含んだ都市システムのありかたが大きく変化している今、都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を東京から世界へ提示し、ジャンルやカテゴリーの枠を超えた自由な実証実験により、未来を変革するムーブメントを実体化する、テクノロジーアートの祭典。ぜひあなたも参加してみては。

主催:MAT実行委員会(六本木ヒルズ/ CG-ARTS協会/ JTQ Inc. / Rhizomatiks)
会期:2016年2月26日(金)-3月21日(月)
会場:
01. 六本木ヒルズ(六本木)
02. INTERSECT BY LEXUS ‒ TOKYO(青山)
03. IMA CONCEPT STORE(六本木)
04. アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)
05. デジタルハリウッド大学(御茶ノ水)
06. Apple Store, Ginza(銀座)
07. Apple Store, Omotesando(表参道)
08. TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(六本木)
09. 代官山 蔦屋書店(代官山)
10. チームラボ(水道橋)
11. 寺田倉庫(天王洲)
12. 日本科学未来館(お台場)

http://www.mediaambitiontokyo.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP