ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タップするだけでオンデマンドで写真をオーダー!売上の一部が収益になる「Pryynt」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタルカメラや携帯電話が普及したことで、写真を撮影することは一気に身近になった。

いつでも誰でも写真を気軽に撮影し、SNSなどでアップする時代になり、デジタル写真をプリントするサービスが次々と登場している。

・オンデマンドのプリントサービス、収益も得られる!

イギリスのスタートアップ「Pryynt」もその1つであるが、ユーザーがアップした撮影写真をただプリントするのではなく、“収益システム化”できるのが特徴だ。

しかも独自のSDKのおかげで、既存の写真アプリに、簡単にオンデマンドの“プリントボタン”を実装させることができる。

写真をオーダーしたい人は、今閲覧しているアプリのまま、わざわざ別アプリに切り替える必要がないので、手続きがとてもスムーズにおこなえるのが大きな魅力。

・すでに5億人のユーザー数突破

「Pryynt」は世界的な展開をしており、すでに5億人のユーザー数を突破。

「Camera MX」「Insta Shape Pro」「Best Postcard Maker」など、40以上の写真アプリに対応しており、わかりやすいSDKのおかげで、1時間もせずにアプリ内に“プリントボタン”を設置できるという。

写真を購入したいと思った人は“プリントボタン”をタップするだけで、気に入った写真をポストカードやポスター、キャンバスなどにプリントオーダーすることが可能だ。

・サポート体制も万全

写真を投稿しているユーザーは、売り上げの30%以上を収益として得ることができる。時間も手間もかけず、投資のリスクもないのは大きなメリットだろう。

「Pryynt」では365日のオーダー受付、サポート体制が確立されており、随時システムのアップデート対応などもおこなっている。これまでの売り上げ履歴なども参照できるので便利。ノーリスクで始められるようなので、興味がある人はトライしてみては。

Pryynt

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP