ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シワができる4つの原因と対策

  • ガジェット通信を≫


額や眉間、目尻に現れるシワ。他人から見れば、その人のチャームポイントになっているシワもありますが、老化を感じるシワには誰もが思わずため息を漏らしてしまうのではないでしょうか。できればシワのない、若々しい肌のままでいたいですよね。

今回は、そんな美の大敵“シワ”について徹底リサーチ。その発生メカニズムから対策まで、ドド〜ンとご紹介!

■ シワの種類別、対処法

1. 表情&笑いジワ

特定の表情を作った時のみ現れ、比較的若いうちから出現します。これを防ぐためには例えば、しかめ面をするなど、無意識のうちしてしまう表情に自分自身が気付き、意識的に繰り返さないことが大切です。

2. 乾燥による肌の砂漠化

お肌の角質の水分が加齢によって減少すること、また、乾燥によってお肌のターンオーバーがうまくいかなくなることにより生じます。保湿を中心としたお肌のケアをしっかり行うことで、ある程度は予防、改善が期待できるでしょう。

3. 紫外線のダメージ

これは蓄積されるものなので、若いうちから日焼け止めをしっかり使って日焼け対策をすることが大切です。特に、肌の深い層にまで到達してシミ・しわを起こすといわれるUV-Aと呼ばれる紫外線は、室内にいてもガラスを通して肌に影響を与えるといわれているため注意が必要です。

4. 加齢による表情筋などの衰え

避けようのない、誰にもでも訪れる経年変化。ただ、口角を上げ、意識的に表情を豊かにしたり、食事の時に左右対称によく噛むようにするといった、ちょっとした意識で、若々しい表情を保ちながら、肌の張りをキープすることにも繋がります。

■ 医師からのアドバイス

どのタイプのシワでも、それを防ぐためにはやはりバランスのとれた食生活や十分な睡眠時間の確保、ストレスの解消が重要になります。

また、さまざまな方法を試してみても、シワが気になる場合、美容皮膚科などでヒアルロン酸注射、ボトックスによる治療といった方法もあります。そういうものを利用してみるものよいかもしれないですね。

関連記事リンク(外部サイト)

【肌の悩み】クマ・くすみ・毛穴のたるみをなんとかしたい!
話題の「断食肌」。果たして、その効果は!?
足裏だけじゃなく口の中にも!?【お口のツボ】を刺激しよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP