ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【痩せる体質ストレッチ】冷たい二の腕は要注意!肌の凹凸はセルライト化の証。

  • ガジェット通信を≫

■ セルライトって、何でしょう?

なんとなくイメージは出来るけど、きちんと説明できるという人は少ないのではないでしょうか?実際、医学的な認識と、美容業界の認識には違いがあります

医学的にはセルライト化された脂肪細胞と、通常の脂肪細胞に生化学構造の違いはないと言われています。ゆえに特別なセルライト撃退法などはなく、皮下脂肪を減らすには食事のコントロールと運動療法を併用するしかない、というスタンスです。

一方、美容業界での認識は様々できちんとした定義はされていません。ただセルライトは、普通の脂肪細胞とは違う状態になっている、という共通認識があるため、ラジオ波や超音波キャビテーション、揉み出しと呼ばれる手法を用いた、特殊なセルライト撃退法が存在します。

医学的にはセルライトという特別な皮下脂肪など無い、と言われる一方で、美容業界ではセルライトを除去するための商品が次々に生み出されています。セルライトとは美容業界が商売のために作り上げた虚像なのでしょうか?消費者は騙されているだけなのでしょうか?それともセルライト撃退法に確かな効果を感じているからこそ、消費者はエステに通い続けているのでしょうか? 

私の理解としては、医学的な認識と美容業界の認識は共存し得ます。医学的な注目点は脂肪細胞そのものであり、脂肪細胞は大きくなったり小さくなったり歪になったりと、形状を変えるのですが、その構造式は変わりません。美容業界は脂肪細胞そのものを見ているのではなく、その辺り一帯を捉え、脂肪細胞が肥大すると、その辺り一帯が平常時とは違う状態になる、と観察しているのです。

■ セルライトの神解説

下のイラストは、脂肪細胞が平常時から、徐々に肥大し、セルライト化するまでを簡略化したモノです。赤い線は毛細血管を、青い線はリンパ管を表しています。

通常の脂肪細胞は、形、大きさ、並びなどが、ほぼ揃っている状態です。それがカロリー過多で肥大化してくると、細胞が押し合って形が歪になり、毛細血管やリンパ管を圧迫し、部分的に破裂させてしまいます。お互いに密着度が高くなることや、血管やリンパ管から流れ出た液体の影響で、細胞の癒着が進み、徐々にセルライト化するのです。癒着し、凝り固まった脂肪の組織には血液が流れ込まず、触れば冷たくなっています。そこは酸素と栄養素の運搬、二酸化炭素と老廃物の排出が行われないため、非常に燃焼しにくい状態になってしまっているのです。

■ セルライトリリース&ストレッチで二の腕スッキリ!

まずテニスボールやポールなどを使って、二の腕のセルライトリリースを行います。

写真のようなポーズで、二の腕にボールを当て、イタ気持ち良い箇所を自分で探しつつゴロゴロしてください。合言葉はリラックス&深呼吸。痛すぎる刺激はNGです。

片側1分で、左右2セットずつ行いましょう。これで癒着していた組織が少し解放されます。

続いて二の腕のストレッチを行います。

写真のようなポーズで壁に自分の体重を預けると、リキむことなく、二の腕を十分に伸ばせると思います。

片側30秒、左右2セットずつ行いましょう。

■ 全身もセルライトリリースでスッキリ!

このセルライトリリース&ストレッチは、二の腕だけでなく、全ての身体の個所で適応できます。いつものストレッチ以上の効果を得たい人は、是非全身でお試しください。

関連記事リンク(外部サイト)

【ハイヒール病&デスクワーク病コラム】Vol.9: ストレッチからはじめる体質改善
ボコボコした憎いセルライト! 撃退するための【6つのカギ】
【ハイヒール病&デスクワーク病コラム】Vol.7: デスクワーク病対策にやるべき3つのエクササイズ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP