ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

乾燥してないのに唇が荒れる…それって口唇炎かも!

  • ガジェット通信を≫


唇がかさかさして気になる……誰もが一度は持ったことのあるお悩みだと思います。

その原因の多くは乾燥ですが、中には乾燥だけが原因でなく、口唇炎(こうしんえん)という病気が潜んでいるかもしれません。

今回は口唇炎の原因と対策について医師に解説していただきました!

■ 舌で唇を舐めるのはNG!潤いはリップクリームで補給!

人の体の表面つまりは皮膚や唇は、体内から産生される皮脂と汗などの水分とが混ざって皮脂膜といわれる膜を形成することで、油分を含む膜は表面の潤いが外部へ出て行くことを防いでくれています。

ここで、なぜ唇がかさかさしやすいかを考えてみましょう。

皮脂は皮脂腺から多く出てくるのですが、皮脂腺は毛穴のある部位には必ず存在しているのですが、唇のような部位には皮脂腺は少なく、そのために唇で産出される皮脂も少ないために唇は潤いを逃がしやすくなるのです。

それを予防するには、脂分の補給が大切となりますので、舌でなめたりして水分を与えるのでなく、リップクリームなどで脂分を補給することで、乾燥によるかさかさは改善してくれます。ただし、リップクリームをこまめに使用していてもかさかさがどんどん悪化してしまう人は、口唇炎の可能性があります。

■ 口唇炎の原因と対策は?

口唇炎とは唇の炎症のことで、赤く腫れぼったくなったり、口唇が裂けて出血したり、皮がめくれるなどの皮膚炎症状が長期化すると現れてきます。

口唇炎には以下のような原因と対策が考えられます。

・舌で舐めすぎることによる雑菌によるもの

→乾燥しているからと唾液を付けすぎないこと

・リップクリームなどへのアレルギー反応

→赤くなりだしたのがリップクリームを使ってからならばアレルギーの可能性を考え中止すること

・日光に当たりすぎることでの日焼け

→日焼け止め成分配合のクリームの使用

・ビタミンB不足による代謝異常

→保湿成分としてビタミンBをよく配合している蜂蜜を唇に塗る

長期化する前に、これらの方法で対策してみましょう。

【医師からのアドバイス】

それでも改善の内容であれば、ステロイドの塗り薬を使用せねばなりませんので、皮膚科を受診してくださいね。長期化して悪化させすぎないことが大切ですので、日ごろから気をつけてみましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

口呼吸は、百害あって一利なし。口呼吸をやめたい5つの理由
口の中が苦い…。起床時の味覚異常は何が原因?
なぜ人はキスをするの?キスにまつわる豆知識

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP