体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実はこんなにあった!ロシア観光のおすすめスポットベスト21

Photo credit: 芝野 愛梨(Eri Shibano)「初めての海外、ホームステイ in  ロシア・リャザン」

Photo credit: 芝野 愛梨(Eri Shibano)「初めての海外、ホームステイ in  ロシア・リャザン」

TRiPORTライターのさとりんです。
世界で一番大きな国、ロシア。その大きさは、日本の約45倍!
ロシアの魅力と言えば、豊かな自然と、ロシアに住む人々の陽気で優しい国民性です。ロシアの観光地と言えば、黄金の環や「北のベニス」とも呼ばれるサンクトペテルブルク、世界遺産のクレムリン、エルミタージュ美術館などを思い浮かべるかと思います。
でも本当はそれだけじゃないんです!
今回は、そんなロシアのおすすめの観光スポットを都市別に、じっくり紹介したいと思います。

ロシアとは

ロシア連邦、またはロシアは、ユーラシア大陸北部の国である。ロシアの国境は、北西から南東へ、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニアおよびポーランド(ともにカリーニングラード州と隣接)、ベラルーシ、ウクライナ、グルジア、アゼルバイジャン、カザフスタン、中華人民共和国、モンゴル国、朝鮮民主主義人民共和国と接する。ロシアの面積は17,075,400km²で世界最大であり、地球上の居住地域の8分の1を占める。2012年時点で、ロシアの人口は1億4千3百万人で世界第9位である。
出典:ロシア-Wikipediaより

Photo credit: Larry Koester via flickr cc

Photo credit: Larry Koester via flickr cc

<モスクワのおすすめの観光スポット>

1. 赤の広場

Photo credit: Shohei Watanabe「ロシア 過去の共産主義の凝縮、モスクワ市内散策」

Photo credit: Shohei Watanabe「ロシア 過去の共産主義の凝縮、モスクワ市内散策」

ロシアの古語で「美しい」という意味を持つ赤の広場は、73,000㎡もの広さで、モスクワの中心となる広場です。
旧ソ連時代には、この広場でメーデーや革命記念祭のパレードなどが行われていました。現在は、冬になるとスケートリンクや、おみやげを売る市場、メリーゴーランドなどが設置されます。イルミネーションもきれいなので、冬に行くのがあすすめ。
右手にはロシアを代表する建物、聖ワシリー寺院もあります。16世紀に建てられた聖ワシリー寺院はカラフルなクーポルの塔を持つ印象的な建物。寺院の中心の高い部分はキリストを表していて、その周りの8つの礼拝堂は配置がランダムになっているのに、バランスがよく見えるから不思議。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会