ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたが求める英語レベルは?目的別英語の勉強方法を紹介!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4DD5EEF9-D3FA-4EC6-B573-1F2F3C9BA6CB

カリフォルニア大学サンディエゴ校での日本語の授業風景。 Photo credit: Yusuke Saito「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ編」

こんにちは。TRiPORTライターのゆうすけです。

昨今ますます英語の必要性が強調され、どこにいっても英会話教室や教材の広告が目に入ります。これから世界がよりグローバルになっていくであろう中で、英語の勉強は誰もが一度は通る道。

しかし、一人一人が求めている英語レベルは違います。そこで筆者がアメリカの大学に進学した経験をもとに、ニーズごとの英語の勉強方法を紹介します!

テスト勉強に向けて!

学校の英語のテストの勉強法に関しては、他の科目と同様に「暗記」が主な勉強手段です。決められた範囲から出題される学校のテストは、英語の勉強というよりも、一つの暗記科目というレベルなので、自分が覚えやすいやり方を使って普段通りに勉強するのが近道です。

また、TOEFLやTOEICなど英語技能を図るためのテストで点数を上げるのが目的であれば、出題パターンや回答テクニックをマスターするのが最も効率的だと言えるでしょう。

海外の大学へ!

C145A546-74A8-45E4-B6D5-EAAEA975366F

英国オックスフォード大学内のホール。Photo credit: Satoko Nishiyama Fujioka「ハリーポッターの魔法にかかりに、オックスフォードへ。」

海外の大学では、それまでに勉強してきた英語とは少し違い、専門的なことを議論するための英語、日常会話での英語、仲の良い友達とふざけ合うための英語など、話す、聞く、書く、読むという4技能全てで、もうワンランク高いレベルが求められます。

少しでも英語が母国語である人たちに近づくために、ある一定の英語の基盤を頭に入れた後は、英語を英語で勉強することをおすすめします! これは筆者自身が実践していたことで、英語で書かれた天文学の本を英英辞書を片手に必死で解読していました。

英語で勉強することに進むまでに必要なレベルは、中学校の英語レベルであると感じています。英語をひたすらに読むことで、英和、和英辞典に載っている単語のニュアンスが微妙に違っていることがわかるようになります。
Photo credit: Yusuke Saito「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ編〜」

ロサンゼルス大学。Photo credit: Yusuke Saito「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ編〜」

日本語を知っていて、英語でなんというかわからない単語は、一度和英辞書で調べてから英英辞書で調べてみましょう。それで感覚にズレがないか、確認することができます。単語や感覚、読みはこの勉強方法で非常に伸びました。

「聞く」のトレーニングは、洋楽や「TED Talks」などといったプレゼンテーション動画、面白動画などを積極的に聞くようにしてみると少しずつ聞ける範囲が広がってきます。

「話す」に関しては、身近に英語が話せる人がいるなら、その人と話すというのが効率的でしょう。テキストなどの状況が想定されたものではなく、実践で早く慣れてしまうのが一番だと、身をもって実感しました。

最後に「書く」ですが、筆者が実践していた方法は、日記を毎日英語でつけることです。その日あったこと、考えていることなど、内容はなんでも、たった3文でもいいので書いてみてください。そして身近に採点できる人がいれば見てもらうようにすると、間違いも改善できます。

仕事で海外に!

9F13C786-86FA-460D-91F8-E626A18C83A4

Dropboxの本社内にあるカフェテリア。Photo credit: Horie Kentaro「アメリカ西海岸スタートアップ訪問記〜サンフランシスコ編〜」

国を挟んだプロジェクトなどもより盛んになっている近年。突然海外出張なんて話が振られることもあるかもしれません。英語4技能の勉強方法に関しては、海外留学の項目に書いた同じやり方で適応できると思います。そしてさらに必要なのがビジネス英語です。

ビジネス英語といっても、少し礼儀正しくなったり、交渉をしていくだけなので、英語をある程度使えるようになれば問題ないシーンが多いように思います。専門用語などは必要になりますが、コミュニケーション手段は同じなので、あまり気負わず楽しく英語の学習を続けてください!

最後に

B6A4361E-E5BD-41E0-9E10-1BCB5C874743

Photo credit: 田島知華(たじはる)「【大都会NYを一人旅】タイムズスクエアでひとりぼっちは意外とつらい?!」

最初は違う理由で勉強していたとしても、英語が身について、今回写真で紹介した彼らのように海外を旅できたらきっと楽しいはずです。ぜひ楽しく勉強を続けて、目標を達成してください。そして、このグローバルでより賑やかになっていく世界を楽しみましょう!

ライター:ゆうすけ
Photo by: Kate Ter Haar via Flickr (license)

Compathyで関連旅行記を見ましょう

Daisuke Taniwaki「オーストラリアぷち語学留学」

Daisuke Taniwaki「オーストラリアぷち語学留学」
Yusuke Saito「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ編〜」

Yusuke Saito「世界の大学巡りの旅〜アメリカ西海岸、メキシコ編〜」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。