ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

No Lie-Sense、約2年半ぶりのアルバム「Japan’s Period」が4/20に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鈴木慶一とKERAのユニット・No Lie-Senseが、セカンドアルバム「Japan’s Period」を4月20日にナゴムレコードからリリースする。本アルバムは、前作「First Suicide Note」より約2年半ぶりのリリースとなる。

また、発売に先駆けて2月10日の21:00より、鈴木慶一がパーソナリティを務めるTBSラジオ『SOUND AVENUE905』にて、アルバム収録曲よりリード曲「ミュータント集団就職(突然変異でこの世は一回り)」を初解禁。ラジオでは、ゲストに女優・緒川たまきを迎え、鈴木慶一とともにアルバムの内容やレコーディング秘話などを紹介していく。

番組情報
TBSラジオ「SOUND AVENUE905〜鈴木慶一Sound and Magic Radio〜」(AM954、FM90.5)
放送日時:2月10日(水)21:00〜22:00
ゲスト:緒川たまき
URL:http://www.tbs.co.jp/radio/sound905/
メール:sound905@tbs.co.jp

リリース情報
アルバム「Japan’s Period」
2016年4月20日 (水)発売
CDSOL-1635 3,000円+税
<収録曲>
01. 君も出世が出来る
02. ようこそテレヴィジョン
03. 塔と戯れる男二人
04. ミュータント集団就職(突然変異でこの世は一回り)
05. 労働者たち
06. 困ったの花
07. オペラ 山下高橋(悲しき靴音 いや、ゆゆしき死の音)
08. 大東京は大食堂
09. ウルトラペイン
10. 未来人街
11. チョイナン海岸の運び屋

関連リンク

No Lie-Sense 公式facebookhttps://www.facebook.com/noliesense

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP