ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JR東日本、Android向けに駅構内ナビアプリ「JR東日本 駅構内ナビ」をリリース、試験を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JR 東日本は 2 月 9 日、スマートフォン向けに駅構内のナビアプリを開発していると明らかにし、そのアプリの機能を検証するために東京駅と新宿駅で試験を開始しました。JR の東京駅や新宿駅というのは普段から利用していない人にとってはまさに迷路です。構内なので、GPS の電波はほぼ届かずで、スマートフォンの場合だと頼りは他社が提供している構内ナビを利用することや構内マップを使って探検するしかありませんでした。構内ナビ機能の試験は昨年度も東京駅で行われましたが、今回の試験は昨年度の試験を踏まえて、対象駅や機能を改善・強化しています。具体的には、新たに新宿駅で試験を行うほか、Android にも対応しました。また、Wi-Fi やビーコンに加えて自律航法を活用した誘導機能や Suica コインロッカーの空き情報の表示を追加されています。なお、ナビ機能としては、出発地から目的地までの経路案内、目印となる施設を利用した経路ガイダンスがメインです。試験は 3 月 18 日まで実施されます。「JR 東日本駅構内ナビ」(Google Play)

■関連記事
Galaxy S7の壁紙画像13枚が流出
UQ、阪神電鉄の14地下駅でWiMAX 2+を提供開始
フォーカル・ポイント、Netatmoウェザーステーションの風速計を発売

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP