ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅好きなあなたがメキシコに留学してはいけない10の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本にとって、地球の裏側に位置するメキシコ。

スペイン語が公用語であるこの国には、英語ではなくスペイン語を学びに毎年たくさんの留学生が訪れます。旅の途中でメキシコに寄って、スペイン語を勉強する旅人もよくいますよね。

今回はそんなメキシコに、旅好きなあなたが留学してはいけない10の理由をご紹介します。

 

1. 安い物価が、お財布に優しすぎる

cham0v0さん(@cham0v0)が投稿した写真 – 2015 11月 21 11:03午後 PST

メキシコの物価は日本に対して約3分の1です。カンクンなどのリゾート地や、世界遺産に登録されているような観光地を除けば、比較的リーズナブルに生活できます。

例えば、500mlのコーラが10ペソ(80円)、ランチのトルタ(サンドイッチ)が20ペソ(160円)、家賃も4000ペソ(32000円)前後です。飲食費、交通や博物館などへの入場料を含めると、一人一日500~1,000メキシコペソ(4,000~8,000円)くらいあれば余裕を持って過ごせます。

自分にも財布にも厳しいあなたには、向いていない国でしょう。  

 

2. 古代文明の神秘に、胸の高鳴りがとまらなくなる

minoriさん(@kuruminori)が投稿した写真 – 2015 11月 15 3:00午後 PST

この国の土地は、かつてマヤ文明が栄えていました。高度な文明を持っていたと言われるマヤ文明ですが、その正体はまだまだ神秘のベールに包まれたままです。

中でも、春分の日と秋分の日の日没に、巨大な蛇が現れるという噂の古代都市チチェン・イッツァは、メキシコの中でも1番人気の観光地です。

ミステリーに惹かれてしまうあなたは、胸の高鳴りが抑えられなくなるので注意が必要です。

 

3. メキシコ料理が美味しすぎて、中毒になってしまう

ミキさん(@mikipururun)が投稿した写真 – 2015 11月 22 7:10午後 PST

メキシコ料理は、世界三大料理の一つに数えられています。タコスやブリトーなど日本でも食べることのできる料理は増えてきましたが、やはり本場は格別です。中でも、本場メキシコのサルサの味を覚えてしまうと癖になってやめられません。

美味しいものに目がないあなたは、メキシコ料理依存症になってしまうかもしれません。  

 

4. 数々の世界遺産に、感動で心が忙しい


photo by Esparta Palma

メキシコには世界遺産がなんと32ヶ所もあります。マヤ文明の古代遺跡以外にも、シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群や、ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群など、古代の面影が色濃く残るスポットがたくさんあります。

歴史にロマンを感じるあなたなら、全ヶ所を制覇するまで帰りたくなくなってしまいます。

 

5. この国が陽気すぎて、悩みを忘れてしまいそうになる

まこりんこ。さん(@makorinko)が投稿した写真 – 2015 11月 22 10:17午前 PST

ザ・ラテンの国メキシコ。予想に違わず明るくて陽気な人が多い国です。その中で生活すると、ついつい悩みも忘れて自由気ままな生活を送ることも夢ではありません。

また、各々が自分のしたいことを優先して生きているため、自分のしたいことを出来るのも魅力的です。

「悩み」を忘れたくないあなたは、訪れないことをおすすめします。  

 

6. チャレンジする場がありすぎて、「平穏」が物足りなくなってしまう


phot0 by DontcallmeLen

その自由で開放的な風土から、出る杭を打たれることもありません。やったもん勝ちです。

穏やかな日々を過ごしたいあなたは、入国を控えましょう。  

 

7. 味のある雑貨やアイテムに、「素敵」を過剰摂取してしまう

♡Yuki♡さん(@masyuwan)が投稿した写真 – 2015 10月 9 7:03午後 PDT

写真はプエブラのタラベラ焼き。その他にも、家具や雑貨などオシャレなアイテムが目白押しです。

メキシコの雑貨などは柄物が特徴的で、バッグや小物などオシャレ好きな人にとっても目を見張るものが多いです。

かわいいもの好きのあなたは、「素敵」をつめ込みすぎて胸焼けしてしまうかもしれません。

 

8. 街並みが綺麗すぎて、離れられなくなる


photo by Justin Vidamo

写真はメキシコで一番美しい街グアナファト。 グアナファトはスペイン植民地時代のコロニアル形式の建物が残り、街全体が世界遺産に指定されています。 その他にも歴史的地区が多く存在し、街並みから趣を感じられます。

いろんな街を訪れてみたいというあなたを、この街が足止めしてしまいます。

 

9. 透き通るようなビーチに、誰もが海を好きになってしまう


photo by dronepicr

メキシコではサーフィンも盛んな国、国のほとんどが海で囲まれている為、様々なスポットを楽しめます。サーファーだけでなくとも、海が好きな人なら一度は訪れる国です。

海を愛するあなたが、ちょっとやそっとの海じゃ物足りなくなってしまいます。

 

10. 日本とは異なる多様な価値観に、「世界」の広さを感じてしまう

Ayumi Yamashitaさん(@ayumi1010ryu)が投稿した写真 – 2015 11月 22 5:48午前 PST

日本とは歴史的背景も、文化も価値観もまるで異なるメキシコ。「これが世界だ」と肌で感じざるを得ません。

世界に興味のないあなたとは、どうやら相性が悪い国のようです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

旅好きなあなたがメキシコに留学に行くと、メキシコの虜になってしまうので、留学する際はくれぐれも気をつけましょう。

今回の記事で、スペイン語留学、メキシコ留学に興味を持った方は以下をクリックしてみて下さい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP