ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野田新体制、始動 新首相の「リーダーシップ論」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
第95代首相に選出された野田民主党代表

 2011年8月30日に衆参両院で行われた首相指名選挙で、第95代首相に選出された民主党の野田佳彦代表。翌31日、野田新首相は、党幹事長に小沢一郎元代表と近い輿石東参院議員会長を据え、挙党態勢で党運営を図っていく考えを党内外に示した。閣僚人事も調整が続いており、今後、野田新首相がどのようなリーダーシップを発揮して政権運営を図っていくかに注目が集まっている。

 野田氏は代表選に出馬表明した26日の会見で、自らのリーダーシップ論について、「”自分についてこい”(という考え)ではない」とした上で、「現地現場の声をよく聴きながらその声を政策に反映し、責任を持って実行していくというのがモットー」と語った。

 一方で、「よく政治家というとメッセージを発信することばかり心がける」と語り、こうした風潮を批判。「今はより国民の声を聞くこと、公聴、真剣に聴くこと。それを踏まえて政治を動かしていくことが大事だ」と述べ、野田氏自身のリーダーシップ哲学の一端を披露した。

 民主党代表選中、時折ジョークを交えながら演説した野田氏。自らを泥臭い「ドジョウ」に例え会場の笑いを誘うなど、他の4人の候補者にはなかった一面を見せた。その一方で「支持率はすぐには上がらないと思う」と発言、ちゃっかり予防線を張るしたたかさも見せる。

 しかしながら国民にとっては、菅直人首相の指導力に対する不信感が高かったこともあり、松下政経塾出身で初となる野田新首相の「リーダーシップ」がどのようなものか大きな関心事となっている。

 新代表就任直後の29日に行なわれた会見では、「復旧・復興に向けた作業を加速化する」と明言。早急に被災地入りし、福島県をはじめとする被災自治体や被災者と意見交換をする意向を表明し、野田氏の言う「リーダーシップ」を早々に発揮する構えだ。

■26日の野田佳彦氏とニコニコ動画記者(七尾功)とのやりとり

8月26日の会見での野田佳彦氏

七尾記者: 冒頭、取り組まなければならない課題や党についてのお話がございました。一方で、今回の選挙は 日程上、どうしてもサポーターはもちろんですが、国民がおきざりになっております。代表、そして総理になったあかつきには国民そして被災者に対してどのような総理像を見せていくお考えか、大臣の考えるリーダーシップについておきかせください。

野田佳彦 民主党代表候補: 私のリーダーシップはですね、自分についてこい、というところではなくてむしろ現地現場の声を膝突き合わせてよくお聴きをしながら、そしてその声を政策に反映をしていく。そして責任を持って実行していくというのが私のモットーでございます。

 すなわち被災地の皆さんの気持ちに寄り添うだけではなくて、様々なお言葉を受け止めながらそれを政策実現する。被災地の問題だけではなくて国民生活万般、基本姿勢は丁寧に向き合っていくことではないかというふうに思います。

 よく政治家というとメッセージを発信することばかり心がけます。それも大事です。説明責任は大事だと思います。でも今はより国民の声を聞くこと、公聴、真剣に聴くこと。それを踏まえて政治を動かしていくことが大事ではないかと思っています。

■就任会見での野田氏とニコニコ動画記者(七尾功)とのやりとり

七尾記者: 被災者の方々は今、テレビ、ラジオ、ネットを通じて野田新代表がどういう対応をされるのか注目していらっしゃると思います。今、被災地の方々にお声をかけられるとすればどんな言葉になるでしょうか。

野田佳彦 民主党代表候補: 復旧・復興に向けて、これまでも菅政権の下で努力をしてまいりました。やるべき課題はいろいろあります。その(復旧・復興に向けた)作業を加速化していくということ。そして被災地皆様の様々な声を踏まえてしっかりと政府として対応していきたいというふうに思います。

 私も早急に現地の知事さんはじめ、あるいは被災地の皆さんをはじめあらためてご挨拶に行きながら、そうした意見交換を早急にさせていただきたいと思います。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 七尾記者の質問部分(26日)から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv61556200?po=news&ref=news#30:50
・[ニコニコ生放送] 七尾記者の質問部分(就任会見)から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv61925261?po=news&ref=news#7:25

(七尾功)

【関連記事】
辻元清美首相補佐官、ピースボート”支援物資横流し疑惑”を全面否定
「10メートル超の大津波」想定するも対策とらず 東電や保安院に「大変遺憾」と枝野長官
原発事故調・委員長、調査に手ごたえ「ヒアリングで初めて感じ取れる部分はたくさんある」

3.11直後の在日米軍「国外避難」検討 「少ない情報のなかでは当然」と枝野長官
原子力保安院の新院長「やらせ疑惑」を謝罪 「こういうことが起きない組織に」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。