ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清原和博が再婚を考えた年下女性 「彼を信じて待つ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月2日、自宅マンションで覚せい剤を所持していたとして、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が現行犯逮捕された。1月11日、清原は、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(79)やソフトバンクの王貞治会長(75)ら、球界大物OBとともに名球会の『ベースボールフェスティバル2016』に参加していた。名球会メンバーの1人が言う。

「ヒットを放ち、跳びはねるように一塁に向かうキヨは、少年のように野球を楽しんでいた。長嶋さんからも“若いんだから頑張りなさい”と声を掛けられて感激していたし、クスリなんてまったく連想しなかった」

 清原は知人に「俺の息子は才能がある。必ずプロ野球選手になる。それまでに俺もプロに戻って、監督として一緒に戦うのが夢なんや」と嬉しそうに語ることもあった。

「今年のキャンプはフリーの立場で、巨人、阪神、ソフトバンクの3球団を視察する予定でした。親しい選手には監督をやりたいと漏らしていたようです」(スポーツ紙デスク)

 しかし、その夢はもう叶わない。今回の逮捕を受け、日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーは3日、〈言葉を失うの一言に尽きる。元選手とはいえ、野球は特に青少年の憧れのスポーツのひとつ。現役を去ってからも、模範であり続けなければならない〉とコメントした。

「これでプロ野球界への復帰は事実上閉ざされた。刺青を入れた時にも批判されたが、起訴有罪ともなれば現場復帰は考えられない」(前出・スポーツ紙デスク)

 清原に希望の光がなかったかといえばそうではない。1月7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、ある女性の存在を明かしていた。

「また子供が欲しい」と再婚願望に言及し、「年下の好きな女性がおり、公の場では清原和博を演じている面もあるが、彼女の前では素でいられる」と紹介している。別の友人が明かす。

「番組で触れた女性はまだ20代前半と若いですが、本気で再婚を考えていたようです。彼女のために真っ当になろうとしていた。彼女も逮捕されたことに相当ショックを受けていますが、周囲には“彼を信じて待つ”と話しているようです」

 孤独に怯えた清原のまわりには、支えてくれる多くの支援者がいた。そのことに気づかずに愚行に走った清原は、もうひとつの罪を背負うことになった。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
清原和博容疑者逮捕の現場 TBSスクープの裏側
妻が出て行き清原和博邸がゴミ屋敷化 銀座ママ宅に入り浸り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP