ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

琴奨菊の妻・祐未さんに付け人たちが戦々恐々の理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 悲願の初優勝後に開かれた結婚披露宴で、主賓の森喜朗・元首相が「嫁さんの力とは、こんなに違うものか」と舌を巻くなど、大関・琴奨菊(32)の妻・祐未夫人(29)への称賛の声が後を絶たない。美貌に加えて、学習院大卒で英語やスウェーデン語など4か国語を操る才女ぶりがメディアに取り上げられ、一躍時の人となっている。

 披露宴では祐未夫人のウエディングドレス姿に、琴奨菊は「ほれてまうやろ~っ!」とデレデレだった。

「琴奨菊は2013年2月に別の女性と婚約破棄した経緯もあって“今回は失敗できない”という思いが強く、祐未さんに言われるがまま。さらに尻に敷かれるようになるのは間違いないと言われています(笑い)」(相撲担当記者)

 しかし、そんな状況に戦々恐々としているのが、琴奨菊の身の回りの世話をする付け人たちだという。

「海外育ちの影響か、物怖じしない性格の祐未さんは初対面の若い衆でも“大関にはこうしてあげて”と遠慮なく話し、自分の付け人のように用事を頼んだりすることもある。昨年7月の結婚後にフードマイスターの資格を取ってからは、大関が口にするちゃんこの具材について祐未さんの注文がつくこともあるそうです。

 付け人たちは大関の成績が悪くなったら、自分たちのせいにされかねないとヒヤヒヤしているんです。すでに“おかみさん気取りかよ”と陰口を叩く若手もいます」(後援会関係者)

 若い衆にしてみれば、琴奨菊に間に立ってもらってほしいところだが、妻に頭が上がらないだけにとても期待できそうもないようだ。そんな祐未夫人にも超えなければならない壁がある。佐渡ヶ嶽部屋の大女将だ。

「師匠の佐渡ヶ嶽親方(関脇・元琴ノ若)は先代(元横綱・琴櫻。故人)の娘さんを嫁にもらい、部屋を継承しました。そのため婿入りした親方以上に、おかみさん、まだまだ元気な先代のおかみさんが部屋で力を持っているんです。

 大女将は力士の妻は裏方に徹するべきだという伝統的な考え方だけに、マスコミに積極的に露出する祐未さんを快く思っていないのではないでしょうか」(同前)

 鮮烈な“角界デビュー”を飾ったものの、おかみさん修業は茨の道か。

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
琴奨菊のルーティン・琴バウアー 心理学者の助言で誕生
相撲協会 九州場所での新大関・琴奨菊と暴力団の関係不安視
琴奨菊の「一般人」妻は珍しい おかみ候補は財力ある女性多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP