ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

汚屋敷を改善 一家の人生そのものが大きく前へ進む例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何かとテレビの情報番組等で話題の「ごみ屋敷」や「汚部屋」や「汚屋敷」。部屋が片づけられない原因が、精神疾患の場合もある。よく挙げられるのが、うつ病や統合失調症などの精神疾患、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害などの発達障害だ。

 しかし、専門家はそれだけが原因ではないという。家族問題に詳しい心理カウンセラーである中尾真智子さんは「家が汚屋敷化する要素は、誰でも持っている」と話す。

「社会生活を送ることは、程度の差はあれど、本当の気持ちを封印して生きていかなければなりません。しかし、自分の気持ちを抑えてばかりいると、自分の存在自体を世の中に受け止めてもらえていないのではないかという“存在不安”に陥ります。その不安を意識しなくてすむように、人は無意識にいろいろな解消法を考えるのです」

 ある人はブランド品を集め、ある人はフィギュアをコレクションする。

「ゴミもそれと同じ。いつも目に入れば、そればかり見ることに気をとられて、自分の存在不安そのものには目を向けなくてすむ。それをくり返しているうちに、ゴミがどんどん増え、結果として汚屋敷化してしまうのです」(中尾さん)

 しかし、このままではいけないと本人が気づけば、いくらでも再生は可能とも。親が存在不安を受け止めることで楽になれば、子供も素直に感情を出せるようになる。そうなればこの家族は、もうゴミに頼る必要はない。

 床は足の踏み場もない部屋で4人の子供を育てるIさん(37才・女性)は、自分自身で「変わりたい」と思い、“片づけの伝道師”こと安東英子さんに片づけを依頼してきた。その様子は、『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)で取り上げられ、大きな反響を呼んだ。安東さんは、こうした環境で子供を育てることは「“虐待”といわれても仕方がないと思うのです」とまで言った。

 安東さんに指摘され、子供につらく当たりすぎてきたことへの反省もし、虐待という言葉から目をそらすことなく、受け止めた。撮影がない日や安東さんがいない日も、Iさんは率先して片づけを続けていた。

 すべての作業が終わった後、Iさん夫婦はもちろん、子供たちが誰の目から見ても生き生きとしてきたという。Iさん一家は、汚屋敷の片づけを自分たちの手で成し遂げたことで、人生の再スタートを切ることができたのだ。

 過去に安東さんが片づけを手掛けた汚屋敷育ちの子供は、きれいになった自室で机に向かうのが習慣になり、初めて「本当は大学に行きたかった」と夢を語り始めたという。自分の人生を投げていたこの子供は、未来に目を向けられるようになったのだ。

「私のところに片づけを依頼してくる人は、現状をなんとかしたいと前を向いている人。家がきれいになることは家族再生のきっかけとなります。家族関係がよくなるのはもちろんですが、とくに子供の変化には目を見張るものがあります。表情が明るくなり、積極性が生まれる様子がよくわかります」(安東さん)

 人を招くことができる家になると、人づきあいや出会う人だって変わってくる。けっして大げさではなく、部屋を片づけることで、一家の人生そのものが、大きく前へと進み始めるのだ。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「汚屋敷」に育った子供の特徴 集中力がない、猫背など
リビング学習 勉強終了後は学習道具を子供部屋に片付けるべき
高齢者の転倒事故、4割が家の中 防止には物を減らすのが重要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP