ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「動物の処分、1匹につき78円」12歳の少女が書いた作文に考えさせられる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫


胸が張り裂けそうになった。

近所に捨てネコがいる。

「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。

子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。

毎日のように子ネコを見に行って、まるで自分の飼いネコのようにかわいがった。

ある日、突然子ネコの姿が見えなくなった。

学校でこのことを友達に話したら「保健所だろ?それ殺されちゃうよ」といった。

私はむきになって言い返した。「そんなはずない。絶対幸せになってるよ」

走って家に帰ると、急いでパソコンの前に座った。「保健所」で検索するとそこには想像もできないざんこくなことがたくさんのっていた。

動物の処分1匹につき78円。動物の命の価値がたったの78円でしかないように思えて胸が張りさけそうになったーー。

これは2012年に当時小学6年生だった谷山千華さんが、「動物の殺処分」について綴った作文『78円の命』を抜粋したもの。猫の殺処分についての現実を小学生の素直な感性で描いたこの作文は、愛知県豊橋市の話し方大会で最優秀作品に選出。今では、同市の道徳の授業で扱われているほか、2020年からは愛知県内全域の道徳の授業で使う副教材に掲載されることも決定している模様。

とはいえ、彼女が作文を書いてから3年以上が経ちますが、今でも年間20万匹以上の犬猫が保健所で殺処分されています。『78円の命』は、動物の命の大切さを改めて考えるきっかけになる内容で、これまでも本作を用いた企画はありましたが、必要な人員や費用面に課題があり実現には至っていなかったのだそう。そこで…

クラウドファンディングを
活用したプロジェクトが始動

このたび、東京で活動するクリエイターの発案によりクラウドファンディングを活用し、作文を絵本化するプロジェクトが始動。『78円の命』を原作とした絵本を書くことで、子どもから大人までの多くの人にこの事実を知ってもらい、将来的に犬猫の殺処分がなくなることを目指しているのだそう。支援は1,000円から可能です。

プロジェクトメンバーはこうメントしています。

「僕たちはこの作品を通して、作者の谷山さんだけではなく多くの子供たちに、『命』について考えるきっかけ作りをしたいと思っています。毎年10万匹以上の犬や猫が殺処分をされているという事実を知らない人も、まだまだ多くいると思います。僕たちが目指すのは、まずこの作品を読み、現状を知ってもらうこと。子供のうちから動物の殺処分について知ってもらうことにより、動物の命について考えるきっかけを広げていきたいと思っています』

ちなみに本プロジェクトは、開始からわずか5日で目標金額である100万円の調達に成功。12歳の少女の作文が、多くの人の心を動かしています。

参照元: PR TIMES

関連記事リンク(外部サイト)

【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。
殺処分直前だった犬が、意外な場所で大活躍していた(動画あり)
「10人中9人が見えない画像」あなたは見える?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP