ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブロッコリーの芯を捨てないで! ザーサイ風のお手軽一品を作ろう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サラダに、つけ合わせにと大活躍の緑黄色野菜、ブロッコリー。鮮やかな緑色のつぼみ部分をいただくのが普通だが、残された芯の部分はどうしているだろうか。

つぼみと一緒に茹でて食べてもいいのだが、大のブロッコリー好きでもなければ、ちょっと味気ないもの。だからといって捨ててしまうのも勿体ない。そこで今回は、ブロッコリーの芯の部分だけを使ったお手軽おかずを紹介する。

まずは、ブロッコリーのモコモコしたつぼみの部分を全部切り落として、芯だけにする。この丸裸になった芯を、5ミリほどの厚さにスライス。輪切りでも、斜め切りでもお好みでOK。皮が気になるなら、軽くピーラーで剥いてもいいだろう。

スライスした芯をタッパーに入れてふたをして、レンジ(600W)で約1分加熱。そこに醤油とラー油をそれぞれ小さじ1杯ずつ回しかけて和え、粗熱がとれたら完成だ。

通常のザーサイよりはちょっと塩分控えめの、ご飯にも合う中華風ピリ辛おかずができあがった! ポクポクとした歯ごたえでついつい箸が伸びてしまう一品。ゴマを振ると見た目も贅沢になる。歯ごたえを残したかったら、皮を剥かずに作るか、加熱時間を少し短くしてもいいだろう。

醤油だけではなく、餃子のタレとラー油で合えると、さらにザーサイに近い風味になる。辛味が苦手な人はゴマ油にしてもいい。

注意点がひとつ。この味付けがが気に入ったからといって、緑のつぼみの部分も一緒に和えるとどうなるかというと、実はこちらはうまくいかない。細かいつぼみの部分が調味料をたくさん吸って、味が濃くなりすぎてしまうのだ。まさしく、芯のためだけの調理法といえるだろう。

芯までおいしく食べられるブロッコリー、これからは捨てずに活用しよう。ちなみに、カリフラワーの芯も同じ調理法でおいしく食べられる。節約を心がけている人は、ぜひチャレンジしてみて。

(綾部綾+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP