体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー格安スマホ」などの言葉で注目を集めたことから、主としてMVNOのSIMを挿入して利用する、SIMフリースマートフォンの存在や知名度は日に日に上がってきており、量販店でSIMフリースマートフォンを見かける機会も増えつつあります。
しかしながらSIMフリースマートフォンのメーカー名を見ると、中にはこれまで聞いたことがないメーカーやブランドのものも多く存在します。では一体、そうしたメーカーはどのような会社で、どのような製品を提供しているのでしょうか。主要なSIMフリースマートフォンメーカーの概要を簡単に紹介しましょう。

ASUS(エイスース)
台湾企業であるASUSは元々パソコンメーカーとして知られています。日本でも低価格のタブレットや、独特のギミックを備えたユニークなノートパソコン、さらには高性能なゲーミングPCなど、非常に特徴のあるパソコンを販売していることからパソコンに詳しい人の間ではとても知名度の高いメーカーです。

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

そのASUSが提供しているスマートフォンが「Zen」(禅)シリーズで、「ZenFone 5」や「ZenFone 2」はコストパフォーマンスが高く、周波数帯や文字入力など日本独自の環境への対応に積極的に取り組んだことから、SIMフリースマートフォンとしては非常に高い人気を博しました。最近では光学3倍ズーム対応のカメラを搭載したスマートフォン「ZenFon Zoom」を投入するなど、パソコン同様チャレンジ精神溢れる端末を提供しています。

HUAWEI(ファーウェイ)

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

HUAWEIは中国のスマートフォンメーカーで、最近ではサムスン、アップルに次いで世界3位の販売シェアを誇る大手メーカーとなっています。実はNTTドコモなどの大手携帯電話事業者に向けて、ルーターやフォトフレーム、キッズ向け携帯電話などスマートフォン以外の端末を数多く供給しているほか、グーグルの「Nexus 6P」を開発しているなど、実は日本とも縁の深いメーカーなのです。

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

HUAWEIが提供するスマートフォンは、ハイエンドの「Mate」、カメラ機能を重視したミドルクラスの「P」、低価格の「G」、そしてネット通販限定の「honor」の4シリーズに分かれています。昨年はPシリーズの「P8 Lite」が日本でも人気となって販売を大きく伸ばしていますし、最近では5.5インチで高性能な「Mate S」が注目されているようです。

 

FREETEL(フリーテル)

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

FREETELは、2012年に設立したプラスワン・マーケティングという日本のベンチャー企業のブランド。SIMフリースマートフォンを日本で設計・デザインするなどして「日本品質」にこだわりながらも、低価格を実現しているのが大きな特徴となっています。メーカーでありながらスマートフォンだけでなく、自らMVNOとなって通信サービスなどをを提供しているのも、特徴的なポイントといえるでしょう。

あなたはどれだけ知っている?SIMフリースマホメーカー

FREETELのスマートフォンは、低価格の「Priori」、ミドルクラスの「MIYABI」、ハイエンドの「KIWAMI」、そしてWindows 10 Mobileを採用した「KATANA」シリーズなどが提供されています。ブランド名からも日本を強く意識していることが伝わってきますが、KIWAMIにはなんと、受注生産で漆塗装を施したモデルを用意していました。

1 2次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。