ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Sony Tablet S”S1”がWi-Fi Allianceの認証を通過

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony初のAndroidタブレットとなるSony Tablet S”S1”がWi-Fi Allianceの認証機器リストに掲載されました。Productは”Sony Tablet”で、SonyはOHIMに”Sony Tablet”を商標出願していることから、この名前をブランドとして売っていくと考えられます。Model/SKU#は”SGPT11***”となっていますが、Sony Tablet Sには米国向け「SGPT111US」と「SGPT112US」、カナダ向け「SGPT111CA」、「SGPT112CA」、そして日本向け 「SGPT111JP」、「SGPT112JP」、「SGPT113JP」、「SGPT114JP」といったモデルがあり、そのため最後の3文字が***となっています。認証情報によるとSony Tablet Sは、無線LANのIEEE規格ではIEEE 802.11 b/g/nで認証を受けています。また、WPS(Wi-Fi Protected Setup)でも認証を受けていることがわかります。Source : Wi-Fi Alliance


(juggly.cn)記事関連リンク
東芝、「REGZA Tablet」を欧州では「AT100」として発売
「ATOK for Android」がアップデート、入力中の文字をバックキーを押しても削除されないようにするオプションが追加、数字テンキーのフリックによる記号入力に対応
イーモバイルの7インチHoneycombタブレット「GALAPAGOS A01SH」が発売、データ通信端末を同時購入した方に電子書籍を無料で提供するキャンペーンを期間限定で実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。