ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1分で鎌倉に行きたくなる♡インスタジェニックな鎌倉に心ほっこり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、じゃらん編集部のたかちです。

ふだんは雑誌を作っているじゃらん編集部ですが、

「最近流行ってるからウチも動画やってみたいなー」と思い、旅の動画を作りました。

KAMAKURA MOVIE – jalan from chiharu on Vimeo.

舞台は鎌倉。言わずと知れたお寺とカフェと海の街です。

東京に住んでる私にとっては、都内から1時間以内でサクッと行ける距離でありながら、とても「旅に出た」感覚のある場所です。

じゃらんは旅のメディアですが、遠くへ行くことだけが旅だとは思っていません。

「見たい」と思う気持ちや、「きれい」「美味しい」と感じる心があれば、それは旅そのもの。

だからとても、じゃらんのこの気持ちを伝えるために、鎌倉はぴったりの土地だと思いました。

何度も訪れたことがありますが、でも、毎回とっても楽しい。不思議な街だと思います。

すべて手持ちのiPhoneで撮りました

機材もノウハウもないじゃらん編集部にとって、初の試みでした。

三脚なし、すべて手持ちのiPhone6で撮影。

撮影場所と撮りたい画・ラフをかため、その場で許可をいただき(突然お伺いしてスミマセンでした)、キリバリして完成させました。

音楽は、おしゃれサウンドなインディーズバンドのMINAMISさんにご協力いただいています。

「MINAMIS」はこちら

鎌倉の街は平日朝から大賑わいでした。小学生・中学生の遠足らしきグループもたくさん。

シニアがほとんどかと思いきや、お仕事がお休みなのか20代~30代の女子やカップル、ファミリーも多く見えました。

円覚寺や浄智寺など北鎌倉のお寺、小町通りの食べ歩き、鎌倉野菜の市場に商店街、ハンドメイドの雑貨屋、江ノ電、由比ヶ浜…。

定番スポットだけでも、やっぱり何度きても、鎌倉はキュンとくるものですね。

おしゃれな街をよく「一本外れれば素敵なお店が軒を連ねる」と言いますが、鎌倉はまさにその典型。そしてもう一本奥へ行くと、そこはもう住宅街。暮らしに寄り添った街だからこそ、あのやわらかさというか、あたたかさがあるのかなあと、改めて感じました。

鎌倉から始めた動画づくりは、日本全国へ。

これからもじゃらんは、近場でも遠出でも、日帰りでもお泊まりでも、心にキュンとくる旅の情報をお届けします。

関連記事リンク(外部サイト)

初心者・子供も安心!岐阜の雪遊び体験スポット5選
松山観光の鉄板スポット、究極防備の「松山城」
パノラマ絶景、灯ろう祭り…。佐賀県の古湯温泉&武雄温泉で冬の一押しドライブ2コース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。