ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ATOK for Android」がアップデート、入力中の文字をバックキーを押しても削除されないようにするオプションが追加、数字テンキーのフリックによる記号入力に対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジャストシステムは8月31日、日本語対応IMEアプリ「ATOK for Android」のアップデートと対応機種の追加を発表しました。アプリは「v1.0.3」にアップデートされています。今回のアップデートにおける新機能 入力中に端末のバックボタンを押しても入力文字が削除されないようにするためのオプションが追加・ATOKの設定メニューの「入力補助」に「バックキー」が追加されており、OFFにするとバックキーを押しても文字が削除されなくなります。確定ボタンと間違えてバックキーを押してしまい文字を削除してしまうことが頻発する場合にOFFにすると回避できると思います。 数字テンキーの「*」と「0」と「#」をフリックして記号を挿入できる機能が追加改善内容 候補一覧でタップした候補と異なる候補が確定される場合がある QWERTYキーボードで「\」が正しく入力できない場合がある 数字入力欄で「.」「-」が入力出来ない場合がある パスワード入力欄で英字が入力できない場合がある動作確認済み機種リストに追加された機種は、Optimus bright L-07CAQUOS PHONE f SH-13C、P-07C、Xperia ray SO-03C、AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH、シンプルスマートフォン 008Z、Pocket WiFi S S41HWです。「ATOK for Android」(マーケットリンク)Source : ジャストシステム


(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイルの7インチHoneycombタブレット「GALAPAGOS A01SH」が発売、データ通信端末を同時購入した方に電子書籍を無料で提供するキャンペーンを期間限定で実施
米国スマートフォン市場、Androidのシェアが41.8%に上昇
HTC、4.7インチディスプレイ、Beats対応、カメラ機能に優れたAndroidスマートフォン”Runnymede”を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。