ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここに住んでみたい!眺望抜群の“アーティストのための家”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカの「The Djerassi Resident Artists Program」は、作家や芸術家を支援するためのプログラム。

短期間、創作活動に集中するため住居を貸し出す制度です。

そのプログラムのため、建築家のCass Calder Smithさんが設計したスタジオがこちら。

 

・アーティストのためのレジデンス

カリフォルニアの中部に建てられた4つのキャビンです。

 

周囲をカリフォルニアの雄大な自然に囲まれた住居は眺望抜群!

創作意欲を掻き立てる景色で、アーティストが存分に力を発揮できそうです。

素晴らしいのは景色だけではありません。

・高級ホテルのようなインテリア

それぞれのキャビンは広さ26平方メートルで、ホテルのようなインテリアが魅力です。

また、防音面にも十分配慮。

キャビンは独立式なので、隣の音が気になるなんてこともありません。

また、屋根は二重式で、雨音もシャットアウト!

至れりつくせりの環境です。

こんなところで仕事や勉強ができたら。

想像するだけでうらやましい!

CCS Architecture
http://ccs-architecture.com/

・住居(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。