ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネス英会話習得 いくら払う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


英語の必要性を実感している若手ビジネスマンも多いのでは。習得のため英会話教室に通おうかと考えるものの、大きな壁になるのがお金。そこで、20~30代会社員男性200人に「仕事で使える英会話ができるようになるなら、いくら払えるか!?」、その金額と理由をアンケート調査した!(協力/アイリサーチ)

【もっと大きな画像や図表を見る】

〈英会話教室に月いくら払える?〉
(半年間、週2回通って、仕事に必要な英会話ができるようになると仮定)

・0円 37.0%
・1~5000円 29.5%
・5001~1万円 15.5%
・1万1~1万5000円 4.5%
・1万5001~2万円 6.0%
・2万1~2万5000円 0.0%
・2万5001~3万円 3.5%
・3万1円以上 4.0%
※平均7262.5円

【5万円】「安いものだと思った」(37歳)
【5万円】「このくらいなら負担がないので」(32歳)
【3万円】「感覚的に20万くらいなら出す価値があると考えたので、単純に月割りした」(36歳)
【3万円】「半年間という短期間で、かつ仕事で使えるレベルならこの値段でも安いと思う」(30歳)
【2万円】「現在通っているテニススクールの値段。一人暮らしなら、貯金もしながら通うことができる価格」(28歳)
【2万円】「自分で払える金額だから」(28歳)
【9000円】「これ以上は生活に響く」(27歳)
【5000円】「高い金払いたくはない」(24歳)
【2500円】「現在英語を必要としていないため、そんなに高い値段は出せないと思ったため」(25歳)
【0円】「週2回も時間をとれないし、あえてお金をかけて勉強しようとは思わないから」(28歳)
【0円】「英語は必要ないから」(26歳)
【0円】「必要なスキルではないから」(31歳)

「必要ない」と断言する「0円組」がいる一方で、最高金額の人は「5万円」。現在通っている習い事の月謝などから金額を考える人もいた。

では、英語以上に多くの人が必要になるPCスキルに関する資格を身につけられるなら…?

〈「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」資格教室に月いくら払える?〉
(半年間、週2回通って、Word、ExcelのMOS資格が取得できると仮定)

・0円 54.0%
・1~5000円 32.5%
・5001~1万円 8.0%
・1万1~1万5000円 2.5%
・1万5001~2万円 1.5%
・2万1~2万5000円 0.0%
・2万5001~3万円 0.0%
・3万1円以上 1.5%
※平均3595.9円

こちらは0円と答えた人が半数を超え、平均金額も下がっている。

「英会話教室」の質問に「0円」と答えた人のなかには、「日本語を教える代わりに英語を教えてもらいたい」(27歳)、「無料の教材はたくさんあるので、独学で学びたい」(37歳)という人も。最近では、無料の英会話教材アプリやWebサービスなども多く出ているので、あまり高い金額は払えない…という人は、そちらを検討してみては。
(梵 将大)
(R25編集部)

ビジネス英会話習得 いくら払う?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

英語できたら何したい?TOP10
30代で後悔…20代でやるべきこと10
英会話の上達に効く!海外映画TOP5
大学生の息子へ!父の忠告1位は?
特化型「語もてなし」英会話に注目

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP