ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ふわふわとした白い謎の物体は「見つけたら幸せになれる生き物」!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110831keseranpasaran01.jpg

photo by Wikipedia
突然ですが、見つけたら幸せになれるもの……と聞いて思い出すものはなんですか? やはり定番は四葉のクローバーかもしれませんね。子供時代、必死で四葉のクローバーを探して、見つけられたときは本当にうれしかった記憶があります。

でも、その定番四葉のクローバーをはるかに超える幸運パワーを秘めたものがあるのがあるらしいのですが、みなさまご存じですか? 

それはケサランパサラン
 
1970年代後半にもブームになったらしいのですが、今も都市伝説のように幸運を呼ぶものとして密かに人気になっているようです。私は初めてこの名前を聞いたとき、子供時代にやったおまじないの呪文をなぜか思い出したのですが、このケサランパサラン、パッと見はタンポポの綿毛やウサギのしっぽのようにふわふわとした白い毛玉のような物体なんだそうです。一説によるとひとつひとつが小さい妖力を持った妖怪とも言われているのだとか。

ケサランパサランなんて洋風な(?)名前なのでてっきり外国から伝わったものかと思ったら、実は江戸時代以降の日本で伝承されてきてきた謎の生物だと知ってビックリ。このケサランパサランという名前の由来については、スペイン語の「ケセラセラ」が語源だという説、「袈裟羅・婆裟羅」(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、羽毛のようにパサパサしているからという説、「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉との説など、複数存在しているようです。

このケサランパサランが面白いのは、穴の開いた桐の箱の中でおしろいを与えることで飼育できるということ。おしろいは香料や着色料が含まれているのはNGで、穴がないと窒息してしまうし、1年に2回以上見るとその効果も消えてしまうんだとか。本当になんとも不思議な生き物(?)です。

こんな物体を見つけて育てられたら、本当に幸せになれそうな気がしませんか? 姫路市立動物園にはケサランパサランが展示されているそうですよ。実物(?)を見てみたい人は、チェックしてみてくださいね。
ケサランパサラン – Wikipedia姫路市立動物園
(涼月くじら)


(マイスピ)記事関連リンク
世界中に鳴り響く「終末の音」の謎(動画あり)
意外で驚きの霊を撃退する簡単な方法[スピ野郎・マサムネ君 第56回]菅原県
人の顔をした雲特集! あなたはどんなメッセージを感じますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。