ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米・有料YouTube「日本版はいつ?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


YouTubeが、2015年10月に米国で始めた有料サービス「YouTube Red」。広告を表示せずにYouTubeのコンテンツを観られたり動画のオフライン保存ができたりするサービスだが、開始時より発表されていたオリジナルコンテンツの配信がついに2月10日からスタートする。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「YouTube Red」の会員になると、YouTubeに公開されている動画を広告なしで視聴することができるほか、PCやタブレットに動画や再生リストを保存可能で、オフラインでも楽しめる。また他のアプリを使用している時や、画面がオフになっている時でも、端末のバックグラウンドで動画の再生を続けることが可能。このほか、Google Play Music を無料で利用でき、月額料金は9.99ドル(iOS端末では12.99ドル)だ。

2月10日に配信される最初のオリジナルコンテンツは、YouTube上で人気のあるユーチューバーらの作品4本。チャンネル登録者約780万人、総視聴回数は10億回超を誇るカナダの人気ユーチューバー・IISuperwomanIIの旅行ドキュメンタリー映画「A Trip to Unicorn Island」や、昨年は年間14億円を稼いだとみられる、世界高収入ユーチューバーランキング1位のPewDiePieが恐怖体験にチャレンジする「Scare PewDiePie」、アメリカの動画制作集団Rooster Teethが手がける「Lazer Team」などだ。なお、YouTubeのヘルプによれば、オリジナルコンテンツは、日本からでもYouTube上で購入・レンタルが可能で、対応端末で視聴できるという。

まだ「YouTube Red」の日本版サービスは開始されていないうえ、オリジナルコンテンツも海外の動画のため、Twitterでは、

「オリジナルコンテンツか…少し出遅れてる感あるけどな。どうなるやら」

といったやや微妙な反応が寄せられているが、

「YouTube RED日本でも使えるようになるといいやな」
「YouTube Red 早く日本でも始まらんかなぁ。広告待つのが苦痛で仕方ない」

と、「YouTube Red」の日本版サービスの公開を心待ちにする声も同時にあがっているところ。

現在Hulu、Netflix、dビデオなど、動画配信サービスはまさに百花繚乱。人気ユーチューバーのオリジナルコンテンツの配信も含め、これから日本に上陸するであろう「YouTube Red」はどこまで人気を集めるのだろうか。
(花賀 太)
(R25編集部)

米・有料YouTube「日本版はいつ?」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

YouTube有料で広告ナシに
「有料YouTube」成功は価格次第?
「YouTube有料化」デマの真相
有料ネットTV 普及のカギは
YouTube 非提携先を削除か

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP