ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コスプレ社長ユイのネットの中心でコスプレを叫ぶ!!】#1「人は何故コスプレをするのか」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


コスプレイヤーであり、アーティストであり、社長でもある雅南(かなん)ユイが、コスプレ業界の裏事情や秘密の掟、注目のレイヤーやメイクのマル秘テクニックなど、毎回ココでしか知ることのできない、いろんな情報を発信する「コスプレ社長ユイのネットの中心でコスプレを叫ぶ!!」。コスプレ社長ユイが、世界を動かす新たなムーブメントを巻き起こす!!

こんにちは、こちらでは初めまして。株式会社ONIGIRI+ 雅南(かなん)ユイです。引きこもりに始まりちょっとぐれつつ家出をし、ひょんなことからコスプレに目覚め、役者と地下アイドル活動をかじり、現在はコスプレ会社の経営者とかをやってみてる、親を困らせっぱなしのしがないコスプレイヤーです。縁あってこちらで記事を書いてみないかというお話になり、今筆を執らせていただいております。今後とも宜しくお願いいたします。

「何でコスプレやってるんですか?」

仕事の打合せに行くとこんな質問がよく出ます。派手な恰好をして写真を撮られて何が面白いんだと。それを思うのも無理はありません。眠い目をこすりながら衣装や小道具を作り、12月末の寒空の下、半袖やタンクトップでアニメのキャラクターになりきったり、8月ど真ん中の猛暑の中、甲冑や分厚い布の長袖でキャラクターになりきり、多くの見知らぬカメラマンにパシャパシャ撮られる。風邪を引きますよ。熱中症になりますよ。具合悪くなりますよw普通なら耐えられません。何故始めたのか、それを何故繰り返すのか

「好きだから」

と一言で片付ければそれはそれなんですが、それだときっと伝わらないと思うので、私はこう例えることにしました。
・始めるきっかけの気持ちは「高校デビュー」・コスプレしているときの気持ちは「七五三」・コスプレを続けたいと次に繋がる気持ちは「親に褒められた」
「切り替え」&「承認欲求」→「お姫様(王子様)」→「承認」
この気持ちがローテーションでぐるぐると。だからやめられないんです。

何か上手くいってない時、コンプレックスで押しつぶされそなとき、人は、変わりたい変化したい、誰しも「切り替え」たいって思いますよね?髪の毛を切ったり、スカートを短くしたり、化粧をしてみたり、、
「あの時の自分とは違うんです!」
そんな変わった自分を見てもらいたい、七五三のときのようにたくさんお洒落して、慣れないメイクをして、お姫様になったような気持ちで外に出る。そして変わった自分を見て「すごいね!」「いいじゃん!」と褒めてくれる人ができ、だからこそ、もっと褒めてもらうためにもっと追及する。
もっと違う自分に出会うために。もっといい自分を認めてもらうために。
そんな気持ちが繋ぐ変身の魔法。
「コスプレ」の魅力。それを色んな角度から、この連載で興味のない皆様にもお伝えしていきます!(気合宜しくお願いいたします。
皆様からの質問やご相談も随時受付中です。
コスプレを始めれば、貴方もきっと自分に自信がついてくる。そして一年後、素敵な自分が待ってます!そして、、、びっくりすると思いますが見た目もキレイになってますよ(笑

≪雅南(かなん)ユイプロフィール≫
2007年3月、名古屋でコスプレユニット「YUIMINO+」を結成。ユニットとしてライブ活動に取り組みながら、作曲や映像演出、衣装などの製作も担当する。翌2008年からは国内とともにアメリカ、アジア、ヨーロッパ各国のイベントにも参加。各地のメディアにも取り上げられ、日本のコスプレ文化の認知に大きく貢献した。2012年3月には株式会社ONIGIRI+を設立し、代表取締役社長に就任。経営者、コスプレイヤー、アーティストと活動の幅を広げながらコスプレのもつ魅力を発信しつづけている。
株式会社ONIGIRI+ホームページ:http://onigiri.jpn.com/index.phpYUIMINO+公式ホームページ:http://yui-mino.com/hp/home.html公式ツイッター:https://twitter.com/yuikanan0203公式フェイスブック:https://www.facebook.com/yuimino

【Nicheee!編集部のイチオシ】・【ママはニッチな女性起業家#8】「節分」
・【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】夫婦でも、ずっと恋人のような関係でいる秘訣は?
・美人区議会議員・三次ゆりかの「江東区ラーメン応援宣言!」#3~魚介中華そば 幸 SACHI~

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP