ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金沢市の「笑って死ねる病院」 患者の満足への取り組み

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 石川県金沢市、金沢駅から歩いて15分ほどのところに、その病院はある。市内を流れる浅野川を渡り、幹線道路から入ったところに建つ、築46年の病院の外観は老朽化も目立ち、中に入ると雨漏りの跡も見受けられる。

 ベッドは314床、きれいで近代的、最先端というようなイメージでは決してない。しかし、地域の信頼は絶大だ。

「公益社団法人石川勤労者医療協会 金沢城北病院」が正式名称だが、人はこの病院をこう呼ぶ。

「笑って死ねる病院」だと。
 
 高齢化社会において、下流老人や独居老人の問題、あるいは老人ホームでの虐待など、高齢者を取り巻く環境は、つらく残酷だ。老いていくなかで、“私は、夫はどうやって死んでいくのだろう”と考えることは少なくないだろう。

 自分自身の最期をどうするかは、残り少ない人生に残された大きく重要な課題だ。でも、この病院で最期を迎えた患者とその家族は、「もうやり残したことはない。幸せな最期だった」と口を揃える。それは、この病院のある取り組みに秘密があった。

「買い物に行きたい」「墓参りに行きたい」「パチンコがしたい」「大好きなあの店のうどんが食べたい」「家に帰りたい」――病状を考えれば困難な願いを、病院が一丸となって“叶えてくれる”のだ。

 病院長の大野健次さんが言う。

「みなさんの願いを叶えるのは特別なことではありません。この病院が開院したのは、1949年。私が入職したのは1985年で、当時すでにそういった取り組みは確立していました。近所にお散歩に行くといった“小さなお出かけ”から、大きなことまで、数え切れないくらいの件数です。昨年は、“北陸新幹線に乗りたい”という患者さんがいて、お手伝いさせていただきました」

 自営業を営む70代半ばの男性、板谷進さん(仮名)は、北陸新幹線の開通を心待ちにし、わざわざ駅前に店を構え、工事の様子を見に行くなど、開通まで金沢駅を見守ってきた。だが、昨年3月14日の開業のときには板谷さんは城北病院に入院していて、余命はもうわずかだとみられていた。

「新幹線に乗りたい」

 当初はホームに見に行くだけでいいと言っていたが、見れば乗りたくなるものだ。看護部長の野村鈴恵さんが当時を振り返る。

「そのときにはもう随分血圧が下がっていて、もしかしてこのまま亡くなってしまうかもしれない状態でした。それでも、““最後だからこそ”という強いご希望を持っていたんです」

 医師や看護師が付き添い、板谷さんは金沢~富山間の往復約1時間、楽しみに楽しみに待っていた新幹線に乗ることができた。

 乗っている最中も血圧は低下し、意識が遠のいている瞬間もあったようだ。それでも板谷さんは車窓に映る景色を見て満足そうな表情を浮かべていたという。

「富山で『ますのすし』を買うんだっておっしゃっていて、抱えきれないほど買って。私たちに“食べてよ”とくださった。言葉もうまく出ない状態でしたが、ご本人もご家族も“死んでも構わない。お父さんの希望を叶えられるんだったら、それでもいい”と話され、板谷さんは新幹線の旅を楽しんで金沢駅に帰ってきたんです」(野村さん)

 次は東京まで行きたいと言っていた板谷さんは、それから1週間後、家族に看取られて息を引き取った。

※女性セブン2016年2月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
北陸新幹線の開通で話題 村松友視が金沢の魅力を紹介する書
銀座の金沢アンテナ店 芸妓さんとのお座敷遊びも定期的開催
金沢ご当地グルメ「ハントンライス」 とろ~りサクサク食感

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP