ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライオンズゲート、テレビシリーズ『冒険野郎マクガイバー』のリブート版映画の製作を企画中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライオンズゲートは、アクション・アドベンチャー・テレビシリーズ『冒険野郎マクガイバー』のリブート版映画の製作を企画中だ。また、米テレビ局CBSは、新たなテレビシリーズとして『冒険野郎マクガイバー』のリメイク版を計画している。

2月5日(現地時間)、ライオンズゲートのCEOジョン・フェルトハイマーは、同社の収支報告の中で両プロジェクトについて明かした。テレビシリーズの制作を務めたリー・デヴィッド・ズロトフと、映画『ワイルド・スピード』シリーズのプロデューサーであるニール・H・モリッツが、リブート版映画のプロデューサーを務める予定だが、それ以上の詳細は明かされていない。

テレビシリーズ『冒険野郎マクガイバー』は、全米で1985年から1992年に渡り、米テレビ局ABCでシーズン7まで放送された。リチャード・ディーン・アンダーソン演じる米政府の秘密諜報員のアンガス・マクガイバーが、複雑な難事件を、身の回りにある品物や所持品のスイス製アーミー・ナイフを使い解決していくストーリーとして広く知られている。

ライオンズゲートは、2月4日(現地時間)の株式取引市場の終了後、第3四半期は4070万ドルと大幅な減少となり、さらに1株27セントと、昨年と比べ半分以下に落ち込んだことを報告した。同社は、ジェニファー・ローレンス主演の映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』と、ヴィン・ディーゼルの映画『The Last Witch Hunter(原題)』が伸び悩んだことを要因に挙げた。

シリーズ4作目となる最終作『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は、全世界興行収入が6億5200万ドル、そのうち米国内は2800万ドルに終わり、シリーズ4作のトータルの興行総収入29億ドルの中で最も低い結果となった。2月5日(現地時間)、フェルトハイマーは、11月20日に公開された『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が振るわなかったのは、11月13日(現地時間)に起きたパリ連続襲撃事件の影響と、中国での興行収入が2100万ドルに終わったことが要因だと指摘した。

また、ライオンズゲート・モーション・ピクチャー・グループの共同会長のロブ・フリードマンは、同作が振るわなかった3つ目の理由として、12月16日の公開後、好調な興行収入を上げ続けている映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の影響を受けたことを挙げた。フリードマンによると、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の影響により、最終作『ハンガー・ゲーム』の全世界興行収入は5000万ドルから1億ドルの減収に繋がったと述べた。

フリードマンは、「珍しい様々な状況が重なりました」と、付け加えた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP