ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミルクは先か、後か? ミルクティー論争の結末は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

https://lh3.googleusercontent.com/-EZsDvBgYpdg/VqrcW9xuDfI/AAAAAAAAC34/aRC6dzpmro4/s640-Ic42/160209.jpg

そのままストレートで? 砂糖を入れて? それともミルク? 紅茶の好は人それぞれ。けれども、紅茶の本場・イギリスでは「紅茶は絶対にストレートティーで飲むべき」という根強い意見も昔からありますが、もちろんミルクティー愛好家も大勢います。

それどころかイギリス人は1870年頃から、「ミルクの入れ方によって紅茶のおいしさは変わる。ならば紅茶の前にミルクを入れるべきか、それとも後のほうがよいのか」という議論をずっと重ねてきたのです。

まずはそれぞれの主張を聞いてみましょう。カップに先にミルクを入れ、後から紅茶を入れるのが「ミルクインファースト」派の人たちは、先に入れることで紅茶とミルクがよく混ざり合い、紅茶の香りが際立つと主張しています。また、昔の陶製ティーカップは薄かったため、いきなり熱い紅茶を注ぐとひびが入るおそれがあったため、先に冷たいミルクを入れて割れるのを防いでいたという説もあります。

対して、紅茶を入れて後からミルクを注ぐ「アフター」派の主張は、後から注ぐほうが紅茶の風味を損ねないし、ミルクの量を加減できるというもの。

2003年、「ミルクは先」で決着

どちらも一理ありますが、130年間にわたって続いていたこの論争に2003年、一応の決着がつきました。イギリスの権威ある王立化学協会が”How to make a Perfect Cup of Tea”(一杯の完璧な紅茶のいれ方)というリリースを発表したのです。

結論は、「ミルクが先」のほうがミルクティーはおいしく味わえるとのこと。冷たいミルクを先にカップに入れておいたほうが牛乳に含まれるたんぱく質の熱変性が少なく、紅茶とミルクがしっかり混ざるため、紅茶本来のおいしさが引き出されるということが化学的に実証されました。

おいしいミルクティーを作るための秘訣は、新鮮な牛乳を使うこと。また、脂肪分が高い牛乳のほうが豊かな味わいが楽しめます。味を整える砂糖は一番最後に加えるのが鉄則。ミルクインファーストで作るおいしいミルクティー、ぜひお試しください。

おすすめのレシピ

本場流 絶品チャイのレシピ | 料理サプリ

本格アニスチャイのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。