ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユニクロ柳井門下生の盟友が「コンビニで直接対決」の行方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コンビニ業界3位の「ファミリーマート(以下、ファミマ)」が、大型GMS(総合スーパー)のユニーグループ・ホールディングスと経営統合することに伴い、ユニー傘下の「サークルKサンクス(コンビニ4位)」が消滅することになった。今年12月から2019年2月までの間に、「サークルK」「サンクス」の店舗が次々とファミマの看板に統一される。

 ファミマ+サークルKサンクスの店舗数は約1万8000店。2位のローソンを逆転し、首位のセブン-イレブンに匹敵する規模になることから、コンビニ業界の生き残りをかけた“仁義なきシェア争い”は一層激しさを増すものと見られている。

 仁義なき戦いという点では、もうひとつ注目すべきトピックがある。

 新生ファミマを運営する事業会社社長に澤田貴司氏(58)が招聘されたからだ。澤田氏といえば小売業界では知る人ぞ知る有名人。ライバルのローソンで指揮を執る玉塚元一氏(53)とは20年以上にわたる“盟友”でもある。2人の仕事人生を結びつけたのは、あのユニクロだった。

「澤田氏は伊藤忠商事時代の1990年代、米国セブン-イレブンの再建に携わった経験から商社内で小売業への本格進出を提案しましたが、上層部の反発に遭い退社。そんな彼に興味を持ってヘッドハンティングしたのが、ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正氏です。

 当時のユニクロはまだ無名に近い衣料チェーンで、澤田氏もユニクロ入りを躊躇したといいますが、柳井氏の強烈なリーダーシップに惹かれたことや、商社時代の待遇を約束してもらったことなどが決め手となったようです」(経済誌記者)

 1997年にファストリに入社した澤田氏は、柳井氏の期待通りすぐに頭角を現し、翌年には副社長にまで昇進。そこで呼び寄せたのが、当時、日本IBMに勤務していた玉塚氏だった。

「もともと澤田氏と玉塚氏は飲み仲間で、仕事の相談もし合う関係だった。澤田氏は、旭硝子からIBMの営業に転職したばかりの玉塚氏を気遣い、柳井氏の前でIBMの製品プレゼンをセッティングさせたが、その出来が散々だったといいます。

 その場で、澤田氏と同様、柳井氏の強烈な個性に刺激を受けた玉塚氏は、IBMをわずか半年で辞めてユニクロ入社を決意。晴れてタッグを組むことになった澤田・玉塚コンビは、後に爆発的なヒット商品となるフリースブームを作り出したのです」(全国紙記者)

 だが、2人の「ユニクロ経営」は長くは続かなかった。2002年、柳井氏から後継社長に指名された澤田氏はそれを固辞して退社。代わりに社長になった玉塚氏も、業績アップに貢献したものの、柳井氏との確執が取りざたされるなどして、2005年にユニクロを去った。

「2人とも柳井オーナーが掲げる高すぎる目標とプレッシャーに耐えきれなくなった」(前出・経済誌記者)というのが事の真相のようだが、“柳井門下生”2人の絆は固く、2005年10月、企業再生支援のコンサル会社、リヴァンプを共同設立。ハンバーガーチェーンのロッテリアやバーガーキング、ドーナツチェーンのクリスピー・クリーム・ドーナツなどの再建事例を次々と築き上げ、その名を轟かせるようになった。

 しかし、またもや2人は袂を分かつことになる。玉塚氏がローソン元社長(現サントリーホールディングス社長)の新浪剛史氏から専属でのコンビニ経営を託されたからだ。そのときのことを玉塚氏はこう振り返っている。

〈僕は小売りが大好きだし、新浪さんも尊敬していた。だからここでもう一度地に足を着けて、徹底的に現場に入り、足腰を鍛え直そうと思った。澤田にローソンのことを説明したら、「ふざけんなよ、バカか」って。でも最終的に僕はローソンの仕事をやろうと決めた〉(週刊東洋経済2014年11月22日号)

 そして、玉塚氏がローソンに入社してから5年の月日が流れたいま、2人はガチンコ対決を強いられる運命になった――。

 2月5日、ファミマ・ユニーの統合人事発表に姿を見せた澤田氏は、今回の社長就任話について「(玉塚氏には)ずっと内緒にしていた」と明かしたうえで、冗談めかしてこんな“宣戦布告”をしてみせた。

〈玉塚はライバルとは思ってないし、彼から学ぶつもりもまったくないが、あまり玉塚をいじめないでくださいね(笑い)〉

 さて、ローソンVSファミマを舞台にした盟友対決の行方はどうなるのか。コンビニ業界の専門紙『コンビニエンスストア速報』編集長の清水俊照氏はこう見る。

「チームワークを重んじて猪突猛進タイプの玉塚氏に対し、澤田氏はクレバーなバイタリティ型で物事の組み立てが上手そうなイメージ。

 ファミマ元社長で新事業会社の会長に就く中山勇氏は澤田氏起用の理由について〈これまでのようにナンバー3、ナンバー4のマインドでは絶対に1番になれないから〉と説明しました。つまり、外部からの招聘で社員・FCの意識改革や斬新な店舗改革を期待しているわけです。

 ライバルはローソンというよりも、独走するセブン。コンビニ王者に対峙する“プロ経営者”の手腕が問われていくことになります」

 一方、玉塚氏率いるローソン陣営もファミマの勢いに押されっぱなしでは先がない。経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏がいう。

「新浪氏がサントリーに移籍した後の玉塚氏は、他業態とのM&Aを積極的に手掛けるなどコンビニビジネスの幅を広げていますが、なかなか実績に結び付いていないのが現状です。今後はバックにつく三菱商事からのプレッシャーもますます強くなってくるでしょうし、玉塚氏には新生ファミマを出し抜くさらなる施策も求められるでしょう」

 商社系列の枠組みを超えて、将来は玉塚ローソンと澤田ファミマが一緒になるのではないか――こんな仰天予測まで飛び出すコンビニ業界の再編劇から、しばらく目が離せない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ローソン新社長の玉塚元一氏 会長とはゴリラと呼び合う関係
森永卓郎が史上最強と呼ぶファミマでTカードとJALカード併用
コンビニは3強で寡占化の時代へ 小規模店の生き残り困難に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP