ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いまだ人気の高い「スポーツ切手」 五郎丸、柳田らも登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本で切手が発売されたのは145年前のこと。長きにわたる歴史の中で、初めてスポーツ選手が絵柄に採用されたのは69年前、主役は第2回国体記念切手の選手たちだった。昭和の時代は切手収集が趣味という子供も多く、友達同士でコレクションケースに多くの記念切手を見せ合う風景もよく見られた。

 そして今、メールやSNSでのやりとりが広く利用される時代となり、切手を使う機会は少なくなっているが、スポーツ切手の人気はいまだに高い。昨年には広島の黒田博樹投手、羽生結弦選手らの切手が発売されたほか、つい最近でもトリプルスリーを達成したソフトバンクの柳田悠岐選手や、ラグビーW杯で世界を沸かせた五郎丸歩選手の切手が新たに登場。時代の寵児となったアスリートの切手はコンスタントに発売されているのだ。

 一方で面白いのが「復刻版」。16年前には力道山、双葉山、織田幹雄の切手が発売されるなど、昭和のスターが再び絵柄に採用されるというケースも増えている。

 ここ数年に発売されたものはもちろん、かなり昔のものでも切手ショップやオークションなどで手に入りやすいスポーツ切手。ご贔屓の選手を探してコレクションしてみてはいかがか。

写真■(c)FIELD OF DREAMS photographer:中條未来(SCOPE)

※週刊ポスト2016年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3000万円の切手もある中「月に雁」「見返り美人」の現在価格
逆に印刷されたエラー“竜文切手”1億数千万円でも購入不可
CM公開収録参加の浅田舞・浅田真央姉妹 仲良く寄り添う姿も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP